ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 柴原陽子  人を育てるコーアクティブ・コーチング® 「聴き方」の角度を少し変えるだけで、こんなに部下育成が楽になる! 第十八回 ささいな一言の威力②
第十八回 柴原陽子  人を育てるコーアクティブ・コーチング® 「聴き方」の角度を少し変えるだけで、こんなに部下育成が楽になる!

第十八回 ささいな一言の威力②

【週刊ホテルレストラン2018年04月06日号】
2018年04月06日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ウエイクアップ
ラーニング事業本部チーフディレクター
柴原陽子

〈プロフィール〉大阪生まれ。1986 年ヒルトン大阪の開業時に入社し、人事部長付秘書を経てトレーニングマネージャーとして教育全般に携わる。2000 年のユニバーサル・スタジオ・ジャパン® の開業時には、教育研修担当として入社し05 年パーク全体のゲストサービス統括として初代ゲストサービス・クオリティー・マネージャーとなる。就任中はゲストサービスにおいてパーク全体で様々な施策を展開してきた実績をもつ。人材育成コンサルタントとして独立後は、伊豆熱川温泉旅館の「女将」経験も活かしながら、ホテル・旅館を主としたホスピタリティ産業企業を中心にコーチング手法を取り入れた教育と企業の発展にむけた組織改革を行っている。また、「コーチング」を02 年より学び始め、現在は㈱ウエイクアップと契約し、コーアクティブ・コーチング® のプロフェッショナルコースのトレーナー兼同社ラーニング事業本部チーフディレクターとしてコーチ育成事業に携わることで広く社会に広める活動もしている。
 
「コーアクティブ・コーチング®」は株式会社ウエイクアップ CTI ジャパンの登録商標です。より詳しくお知りになりたい方は、CTI ジャパンのホームページをご覧ください。
http://www.thecoaches.co.jp/
 

コーアクティブ・コーチング®〈4 つの礎〉
① 人はもともと創造力と才知にあふれ、欠けるところのない存在である
② 今この瞬間から創る
③ その人すべてに焦点を当てる
④ 本質的な変化を呼び起こす (別表)
 

今回も前回に引き続き、「コーアクティブ・コーチング® から学ぶ些細な一言」、と題して書いていきたいと思います。日常の会話に少し取り入れるだけで、相手の状態が大きく変わるちょっとした一言をお伝えしていきます。今回は「浄化のスキル」です。「浄化」とは、心理学、カウンセリング、ヒーリング、セラピーといった領域で使われる言葉で、心のしこりを外部に表出させることで症状を消失させるための一つの治療法だそうです。コーアクティブ・コーチング®の「浄化のスキル」の目的は、テーマに対して心から集中できる状態にすることです。何かに対する怒り、悲しみ、喜び等が心を占領し、コーチングが始められない時や話しの途中でそのような状態になった時に、「心を占領しているもの、溜まっているもの(押し殺していた感情等)を吐き出し、もとの状態にする(心の余白をつくる)関わり」です。ここでは日常でもこの関わりが本来の状態を取り戻すために大きな役目を果たしてくれるということをお伝えしたいと思います。
 

「吐き出してみたら?」
 まず現場で耳にする上司部下の会話を事例にしてみましょう。
(例1)B 氏「先日頼んだS 社にプレゼンする新しいプラン、そろそろできたか?」A 氏「申し訳ありません。最近いろいろなことが重なって仕事にも集中できなくて…」B 氏「いろいろ重なって忙しいのはA さんだけじゃないんだよ。皆、いろんなこと抱えながら生きてるんだ。そんなこと言ってる場合じゃないんだよ。期日は迫ってきてるんだ。とりあえず明日が期日だから!」
 
 B 氏の目的はS 社に提案する新プラン案の出来栄えを知ること、また、いつ完成するのかを確認することにあります。もちろん、仕事の進捗を確認することは重要で、万が一のことを考えて事前に対応を考えておくこともマネジメントとしては必須です。ただ、皆さんも経験があるかと思いますが、こういう場合大抵クオリティーの高いものはあがってきません。提出されたとしても、B 氏が期待したものではなくその場で感情的にもなることでしょう。頑張って作成した提案書は差し戻しされ、A氏はさらなるプレッシャーを感じ、メンタル的にとても弱い状態になることは容易に想像できます。では、「浄化のスキル」を試した例を読んでみましょう。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本  客室改装3ヶ年計画をスタート。2019年3月16日(土)、13・14階の客室をリニューアルオープン
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本 
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄  ロケーションに依存しない、人による魅力で「元気になるリゾート」を目指す
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 
2018年12月14日号  特集 Ⅱ HACCPに沿った衛生管理で 冬も食中毒対策を
2018年12月14日号 
CLOSE