ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 【Japanese / English】 GONZOの日本酒SHOW 第10 回 農家が造る日本酒
第10 回 【Japanese / English】 GONZOの日本酒SHOW

第10 回 農家が造る日本酒

【週刊ホテルレストラン2018年07月27日号】
2018年07月27日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
飲食店は数あれど、これほどマニアックでおいしい日本酒を数多く提供しているところはないと称される、白金高輪のダイニングバー「GONZO」。そんなGONZO のマスター浅井剛一氏が、日本酒の歴史と文化の話を交えつつ、ホテル・レストランでの提供方法までご紹介していきます。
 
There are many restaurants, but there are none which provide such delicious and numerous kinds of sake, which can please enthusiasts, as the dining bar "GONZO" in Shirokane-takanawa. Mr. Gouichi Asai, the master of GONZO, will talk about the history and culture of sake, and introduce how to provide sake at hotels and restaurants.

浅井 剛一(あさい・ごういち)
1977 年東京生まれ。2004 年10 月、日本酒に合う肴、料理に合う酒をテーマとして白金高輪にGONZO をオープン。2006 年に唎酒師取得。
 
GONZO 東京都港区三田5-21-7
℡ 03-3449-5500
Goichi Asai
Born in Tokyo in 1977. In October 2004,
GONZO was opened in Shirokane Takanawa,
a theme for Sake marriage dishes, acquired
sake taster in 2006.
GONZO 21-7, Mita 5, Minato-ku, Tokyo 
℡ 03-3449-5500

 
酒米の聖地へ
 
 兵庫県で誕生した酒米で生産量も圧倒的に日本一。その中でも特A地区といわれるエリアの山田錦のお酒は上質で貴重で人気があります。先日、そのエリアの三木市で田んぼを拝見しました。さわやかな風、のどかな光、初夏を感じるには充分なマイナスイオンを全身に浴び、見渡す限りの田風景に立ち尽くしているのが心地よく、時間を忘れさせてくれます。まだ、田植えの時期の少し前なので稲はなく、これからいよいよ田植えの準備をしようかというときでした。雑草が伸びていてやや殺風景でしたが、ここがあの山田錦の生まれた場所かと思うと都会で育った私も何かノスタルジックな気持ちが湧いてきます。
 
Journey to the sacred area of rice for producing sake
 
Yamadanishiki is the best rice for producing sake (Japanese rice wine) and it originated in the Hyogo Prefecture. Its yield amount is the largest among the rices for sake.
 
There is a special area called the "special A region" where people produce top-level Yamadanishiki and sake of high quality. I visited the Miki City in that region recently to watch the rice fields. Standing in the refreshing wind and soft sunshine, I watched the rice fields that fill my view relaxed and in great comfort.
 
As the rice planting had not started yet, there was no paddies in the fields. Farmers were preparing for rice planting. The fields were covered in weeds and looked somewhat abandoned. I am grown up in a urban region but I was in the mood for nostalgia when I was looking over the place where Yamadanishiki was born.

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年10月19日号
2018年10月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】バスアメニティの新たな潮流
【トップインタビュー 】
ラッフルズ シンガポール 総支配人 クリスチャン・ウエストベ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE