ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • “風の人”山下裕乃の「THE SHARE」  第50回  多様化する快適に過ごせる居心地ニーズ ~自分が決めた空間を阻害されることを敬遠する消費者たち~
第50回 “風の人”山下裕乃の「THE SHARE」 

第50回  多様化する快適に過ごせる居心地ニーズ ~自分が決めた空間を阻害されることを敬遠する消費者たち~

【週刊ホテルレストラン2018年11月02日号】
2018年11月02日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱オータパブリケイションズ 執行役員
山下裕乃

 人は日常生活において“居心地の良い”場所を求めます。新幹線の席や飛行機の席、常日ごろ通勤電車の席、飲食店、職場においてもそのような場所を求めています。私は新幹線に乗車したときには利便性もあり、スマートフォンの電源が確保できる窓側を選び、飛行機においても利便性から通路側を選択しています。それぞれの感覚で一定のルールを構築しています。利便性と居心地は少しニュアンスがことなりますが、いずれにしても自分にとって過ごしやすい場所を自然の流れで選んでいます。
 
 しかしながら、自分にとって居心地が良いはずであったところが、居心地が悪い場所に急変することがあります。それは居心地感を阻害されたときです。例えば新幹線の場合、通路側の席に座った人がまだ窓側の席に人がいないのに、テーブルを下してビールを片手に弁当を広げていたり、思いっきり足を組んで寝ていたりなど、窓側に座っている人の行動を阻まれたときです。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月16日号
2018年11月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE