ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 伊藤 誠英  イイ会社を創ろう  当たり前のことをバカにせずバカになってちゃんとやる 第25回  リーダーが一枚岩という状態になっていますか?
第25回 伊藤 誠英  イイ会社を創ろう  当たり前のことをバカにせずバカになってちゃんとやる 

第25回  リーダーが一枚岩という状態になっていますか?

【週刊ホテルレストラン2018年11月02日号】
2018年11月02日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱ブライド・トゥー・ビー
代表取締役 伊藤誠英
〈PROFILE〉大学卒業後、さまざまな仕事を経て、28歳で株式会社ブライド・トゥー・ビーを設立。理念経営を掲げ、【企業文化で徹底的に勝負する】をモットーに、高い従業員満足度をサプライズな取り組みで実現。サービス業の当たり前を打破し、異色の独創的経営を続ける。

 
 風通しのよい企業文化を作るための施策のご紹介、今回で6 回目となります。ところで皆様の会社では、リーダーが一枚岩という状態になっていますか? リーダーによっていろいろな意見や考えがあることは、とても素晴らしいことです。また、同じ意見の人しかいない組織ほど危険なものはないとも思います。ただし、リーダー間での意見の相違がメンバーを混乱させるようなことは絶対にあってはいけないと思っています。
 
 例えば会社としての決定事項に対して、メンバーの前で異論を唱えるリーダーが1 人でもいると、会社決定の意義が軽くなり、チームは簡単にバラバラになっていきます。まちがえていただきたくないのは、リーダーは会社の決定に異論を唱えていけないというわけではありません。それどころか異論は会社の財産です。ただし、異論を唱える場所や機会を会社がしっかりと作ることが大切なのです。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月16日号
2018年11月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE