ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村衡一郎  サービス・イノベーション-Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~ 118 なかなか気づけない足元にある「本当の財産」 人気のロールケーキで、1日に1000人以上のお客さまから支持されるお店に(2/3)
118 岡村衡一郎  サービス・イノベーション-Part2 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~

118  なかなか気づけない足元にある「本当の財産」 人気のロールケーキで、1日に1000人以上のお客さまから支持されるお店に(2/3)

【週刊ホテルレストラン2019年01月25日号】
2019年01月25日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ケーキ」も「物事」も 重要なのは、すべては土台

Profile
岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)

1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など変化に追われるリーダーのための実践的イノベーションメソッドとして、ホテル業の事例にとどまらず、多く企業変革の現場から生まれた「チェンジング・メソッド」として紹介していた48 種。そのPart 2 としてお届けする。
 

 
「あなたの会社の財産は何ですか」と尋ねられて、即答できる人は少数派です。「お菓子の家スワン」店主の石川浩さんも、まさにその一人でした。石川さんが自社の財産を探し当て、会社に眠る財産を掘り起こせ! に掲載している繁盛店への道を切り開いていったプロセスを3 回に分けて紹介。今回は第2 回です。
 
 さっそく、財産探しに取りかかりました。この時点で、お菓子の家スワンは、創業24 年です。私がインタビューする形で、「洋菓子とお客さまの関係」「自分の努力」「主力商品」の三つを縦軸と、「修業時代」「導入期」「展開期」「安定期」の四つを横軸、縦4 マス×横5 マスの合計20 マスの図をつくり、時代と行動の意味づけをしながら、財産を掘り下げていったのです。
 
 販売数量は、POS データがあるわけではなかったので詳細は分かりません。接客と経理を担当していた真弓さんの売り上げ記録をもとに、4 月、8 月、12 月の3 カ月分に絞って商品ごとの販売データを集計しました。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年04月19日号
2019年04月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】2018年 全国 都市の客室・定員稼働率および15エリアの客室指標
【トップインタビュー】
ヒルトン名古屋 総支配人 フィリックス・ブッシュ氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE