ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 佐々木 正二  我が身を救う人づくり  第四十六話  役割からはじまり役割で終える それが務めの灯
第四十六話 佐々木 正二  我が身を救う人づくり 

第四十六話  役割からはじまり役割で終える それが務めの灯

【週刊ホテルレストラン2019年03月15日号】
2019年03月15日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 私たちがつい言葉にしたくなること、それは忙しいの連発に続く「役割」にあると考えます。皆さんが受け持つ役割にはどのようなものがありますか。数ある役割には、厚い薄いはないでしょう。すべてが重要なのです。人は目が覚めたときから就寝まで、その間の行動のすべては、役割から始まり役割で終えるのではないでしょうか。
 
 自宅での役割、人との役割、ビジネスでの役割、人々が生息するからには役割から離れることはできません。そしてその働きや貢献によって信頼され評価に結びつきます。これが人生の歩みなのかもしれません。役割は方向を変えて見ますと「務める」に変わり、単なる行動から責任の重い役割へと幅が広がります。これが人に与えられた役割、すなわち務めるにつながってゆきます。自分の今を考えてみましょう。ビジネスの役割にはどのような務めがあるでしょう。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE