ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2019年10月11日号 伝統は“守る”のではなく“創る”もの
第四十八回 2019年10月11日号 伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第四十八回

黒の江戸切子を開発、ヒットさせたことで問屋からプロデューサーへと役割を変えた

【週刊ホテルレストラン2019年10月11日号】
2019年10月08日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMSで求められるガラス食器を創るため、ヨーロッパの工場を自らの足でまわった

島田 木本硝子の歴史を教えてください。

木本 木本硝子は 1931年に、私の祖父が興したガラス問屋です。私は大学卒業後、1978年に三菱電機に入社して、4年ほど社会勉強をしてから木本硝子に戻ってきました。サラリーマン時代とは違い、中小企業の経営者になると自分で PDCAをまわさなければなりません。私は父親の背中を見て育ったので、自分でプランニングして、アクションを起こして、次の対応策を考えて、チャレンジを続ける姿勢を自然と学んできました。

週刊ホテルレストラン最新号
2021年09月24日号
2021年09月24日号
本体1,650円(税込)
【特集】産学連携の強化で、社会と自社課題を解決する!
【トップインタビュー】
Zentis Osaka 総支配人 安井 淳氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE