ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2020年1月31日号 グローバルSAKE マーケットの創造者たち
2020年1月31日号 グローバルSAKE マーケットの創造者たち

グローバルSAKE マーケットの創造者たち 連載第2幕 第4回

【週刊ホテルレストラン2020年01月31日号】
2020年01月30日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米文化の日本酒はブドウ文化のワインと共存その先に超ブルーオーシャンが広がっている

日本酒造組合中央会認証「日本酒スタイリスト」として精力的に活動を続けるタレントの島田律子氏が、日本の伝統文化、日本酒の魅力を深く伝えることで、海外からのお客さまをおもてなしするホテル、レストランの力を向上させるためのヒントをお届けしてきた連載が 50回を超え、いよいよ第2幕が開いた。「世界へ打って出る日本酒」に主眼を置き、輸出に力を入れる酒蔵、インバウンド対策が得意な酒蔵、ソムリエから見た日本酒の可能性などについて積極的に取り上げていく。「グローバル SAKEマーケットの創造者たち」と題した新シリーズに、今回も永井酒造㈱の代表取締役社長六代目の永井則吉氏が登場。日本人と水、米、古来より守り続けてきた自然とのかかわりの中で生まれた日本酒の魅力を存分に引き出した「水芭蕉」「谷川岳」ブランドで、新しい形の日本酒を世界に向けて発信する永井氏が考える、日本酒マーケットの広げ方について第2回をお届けする。

スマイル ブリュー カンパニー 代表/日本酒スタイリスト
島田 律子(しまだ・りつこ)

日本航空(JAL)国際線CAとして 5年半勤務後、タレント活動を始める。2000年「.酒師」(SSI)取得後、2001年 日本酒造組合中央会より「日本酒スタイリスト」に任命される。TVや雑誌への出演、コラムの執筆など、メディアでの活動を多数こなす。また近年、訪日外国人に向けた日本酒の会の主催にも力を入れるなど、国内外に向け日本酒の魅力を広く発信する。
HP:http://www.smile-brew.com/

永井酒造(株)代表取締役社長 六代目
永井則吉(ながい・のりよし)

1972年群馬県川場村生まれ。94年3月東海大学工学部建築学科卒業。94年4月永井酒造(株)入社。2006年4月同社専務取締役工場長就任。13年6月同社代表取締役社長就任。川場村が誇る自然、文化、歴史、人々の心を酒造りに凝縮。川場村とともに成長していくことを願い、自然と地域の人々に感謝しながら、日本の文化の 一端を担っているという自覚を持って酒造りに取り組んでいる。

週刊ホテルレストラン最新号
2020年07月24日号
2020年07月24日号
本体1,650円(税込)
【特集】“withコロナ”時代を生きる外食産業の店舗運営と展望
【トップインタビュー】
クージュー(株)代表取締役 CEO/ EGGS 'N THINGS JAPAN(株…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE