ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 特別企画 マイステイズ・ホテル・マネジメント 座談会2
特別企画 マイステイズ・ホテル・マネジメント

座談会2 本人の情熱や努力を的確に評価、マイステイズ・ホテル・グループで広がった新たな未来図

【月刊HOTERES 2023年12月号】
2023年12月18日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


マイステイズ・ホテル・マネジメントでは、キャリア採用のスタッフや、新たにグループに仲間入りしたホテル・旅館のスタッフが生き生きと活躍している。この座談会では、マイステイズ・ホテル・マネジメント ビジネスマネジメント 執行役員の嶋田 健一氏、ホテルマイステイズ御茶ノ水コンファレンスセンターの藤木 俊太氏、函館国際ホテルの瀬波 陽介氏、ホテルエピナール那須の秋元 静夏氏にご登場いただき、自らが新たにグループの一員になった経験を有しているからこそわかるマイステイズ・ホテル・グループの魅力や優れたところ、キャリアプランなどについて語ってもらった。
 

左から嶋田 健一 氏、藤木 俊太 氏、瀬波 陽介 氏、秋元 静夏 氏
左から嶋田 健一 氏、藤木 俊太 氏、瀬波 陽介 氏、秋元 静夏 氏


■最初に皆さまの経歴と仕事内容をお話ください。
 
嶋田 私は国内外のホテル、リミテッドサービスからフルサービスのホテルまで、地域や規模、運営形態の異なる多様な施設に携わり、10以上のホテルのオペレーションを経験してまいりました。10ホテルで総支配人、チェーンホテルのオペレーション本部長を務めました。
 マイステイズ・ホテル・マネジメントには当社の拡大の気運が高まっていた2016年に入社。当時の運営施設数は50店舗ほどであったと思いますが、私はビジネスマネジメントの部長として、約20店舗を統括しておりました。
 その後、1店舗のみであった北海道の施設数が2~3年で12店舗にまで拡大したため、円滑なテイクオーバーの実現を目的に札幌事務所を立ち上げて常駐。これにより北海道エリアの売上を100億円以上に拡大し、さらに北海道に加え、大阪、四国、九州エリアで20~30店舗を統括し、本社に戻りました。現在はリミテッドホテル、フルサービスホテル中心に92店舗を統括しています。
 
藤木 私は現在38歳ですが、料理を始めたのは少し遅い28歳のとき、以前勤務していた会社で料理人としてのキャリアをスタートさせました。その後、当社に入社し、「ホテルマイステイズ五反田」での勤務を皮切りに、現在は「ホテルマイステイズ御茶ノ水コンファレンスセンター」で料理長兼デピュティマネージャーを務めています。レストランでの朝食からディナーのほか、会議室で提供する食事にも対応するなど、仕事は多岐にわたり、日々勉強しているところです。
 
瀬波 2012年4月、現在の「ホテルソニア小樽」に新入社員として入社しました。2016年11月に運営がマイステイズ・ホテル・マネジメントに変更となり、私は札幌の店舗に異動して宿泊販売の仕事を担当。そこで3年半勤務した後、「ホテルノルド小樽」に支配人として着任しました。今年の4月中旬からは、「函館国際ホテル」で宿泊販売の支配人を務めています。
 
秋元 高校を卒業した2015年に、翌年マイステイズ・グループの一員となる「ホテルエピナール那須」に入社しました。入社後1年間はいろいろな部署を経験し、その中から希望を出して2年目にドアマン、ベルサービスを担当するフロアサービスに配属になりました。2年間フロアサービスを務めた後に本館フロントへ異動、その2年後にペットホテルに配属になり今年で3年目です。今年4月からリーダーとして勤務しています。
 
■それぞれお勤めされているホテルの魅力やアピールポイントを教えていただけますか。
 
瀬波 「函館国際ホテル」は函館駅から徒歩8分、函館港を望むウォーターフロントに位置しています。金森赤レンガ倉庫など観光スポットにほど近く、函館山ロープウェイまでも徒歩圏内です。435室ある客室は、スタンダードダブルからインペリアルスイートまで、多様なタイプを揃え、おひとりからグループでのご利用までお応えが可能です。朝食激戦区として知られる函館ですが、当ホテルでも、ビュッフェスタイルの朝食と、ひつまぶしを楽しんでいただける朝食御膳などがお客さまに好評です。
 
秋元 「ホテルエピナール那須」は那須高原エリアの真ん中に位置するリゾートホテルです。洋室やご年配の方にも好評の和洋室、ファミリー向けなどさまざまなタイプのお部屋があります。ミキハウスが認定するウェルカムベビーの宿ですので、初めてのお子さま連れのご旅行でも安心してご滞在いただけます。プールやゲームプラザなど館内施設も充実し、ホテル内で一日中過ごせるのも魅力。私がいるペットホテルは別棟になっており、一般のお客さまに気兼ねなく、愛犬とのリゾートステイを存分にお楽しみいただけます。
 
藤木 「ホテルマイステイズ御茶ノ水コンファレンスセンター」は御茶ノ水と秋葉原いずれにもアクセスの良い好立地です。秋葉原を目当てに訪れる方のご利用も多く、半数以上が海外からのお客さま。会議室利用の企業の方々にもお越しいただいていますので、ご来館いただくお客さまは多岐にわたり、館内の雰囲気が日によって大きく異なることも。東京ドームでのWBC予選時にはオーストラリア代表の応援に来た現地の方々のユニフォーム姿を、決勝戦のスクリーン上映時にはビジネスマンが試合を見ながら盛り上がる様子を目にしました。
 
■ホテルのレストランはアグレッシブな街場のレストランと競争しなければならない中、口コミの評価も良いのはどのような理由でしょうか。
 
藤木 ホテルの施設ということで安心感があるのだと思います。実際に入店してみると街のレストランと変わらずカジュアルで利用しやすく、スタッフのサービスもフレンドリーなので、多くのお客さまにリピートしていただいているのだと思います。
 
■嶋田さんは、さまざまなホテルチェーンで総支配人のご経験がありますが、マイステイズ・グループの強みはどこにあるとお考えですか。
 
嶋田 当社の運営客室数は2万を超え、客室数では、東横イン、アパホテル、ルートインに次いで日本で4番目のホテルチェーンとなりました。他社が宿泊特化型を主体としたホテルチェーンであるなか、当社の場合は宿泊特化型に加えて、結婚式や宴会ができるフルサービスのホテル、長期滞在に対応した施設、リゾートホテルを展開し、近年では旅館の運営にも注力しているのが特徴です。多種多様な施設を手掛けていることが当社の一番の魅力だと感じています。
 また、同じブランドのホテルであっても単一の仕様ではなく、お客さまのニーズに合わせてご利用いただけるのも当ホテルチェーンの強みと自負しています。
 
■ホテルマイステイズでも金太郎飴みたいではないですからね。
 
嶋田 新規物件でも外廊下を設けるなど、土地を有効活用するように設計しています。

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年06月15日号
2024年06月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【TOP RUNNER】
オリオンホテル(株) オリオンホテル 那覇 取締役 総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE