ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 北村剛史  新しい視点 「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜  第215 回『インスペクション調査方針およびインスペクターが有すべき視点』
第215 回 北村剛史  新しい視点 「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜 

第215 回『インスペクション調査方針およびインスペクターが有すべき視点』

【月刊HOTERES 2016年04月号】
2016年04月14日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北村剛史
Takeshi Kitamura
㈱ホテル格付研究所 代表取締役所長
㈱日本ホテルアプレイザル 取締役
不動産鑑定士、MAI( 米国不動産鑑定士 )
MRICS(英国王室認定チャータードサーベイヤーズ)
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属システムデザイン・マネジメント研究所研究員。ホテル・旅館の不動産鑑定評価会社である㈱日本ホテルアプレイザルの取締役。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科では「ホテル・旅館の人格性、パーソナリティー」をテーマに研究活動に従事

 
 前回は、インスペクターの倫理規定について整理しました。今回は、前回に引き続き、インスペクターが適切にホテルや旅館の調査を、中立かつ客観的に実施する上で必要と思われる「インスペクション調査方針」および「インスペクターが有すべき視点」についてさらにまとめてみたいと思います。最初に主な調査方針ですが、以下のような内容が考えられます。

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年07月15日号
2024年07月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 ホテリエの賃金実態調査 2024
【TOP RUNNER】
(株)ミリアルリゾートホテルズ 代表取締役副社長 東京ディ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE