ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 「俵石閣」再生プロジェクト 施設名を「NEST INN HAKONE HYOSEKIKAKU (ネストイン箱根俵石閣)」に決定。2016年夏第1期事業ホテルエリアを開業
マイルストーンターンアラウンドマネジメント㈱

「俵石閣」再生プロジェクト 施設名を「NEST INN HAKONE HYOSEKIKAKU (ネストイン箱根俵石閣)」に決定。2016年夏第1期事業ホテルエリアを開業

2016年04月21日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイルストーンターンアラウンドマネジメント㈱(以下「MTM」)は、現在神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1290に再建中の新複合施設名を「NEST INN HAKONE HYOSEKIKAKU(ネストイン箱根俵石閣)」とし、2016年夏に、第1期事業ホテルエリアの開業を計画していると公表した。


 NEST INN HAKONE HYOSEKIKAKUは、MTMが2014年2月に「俵石閣」の不動産を取得し、老舗ブランド温泉宿泊施設の再生計画プロジェクトとして始動した複合施設。
 
 同プロジェクトでは世界を舞台に活躍する八木保氏をアートディレクターとして迎え、歴史と伝統に彩られ、自然の魅力溢れる環境に、老舗ブランド温泉宿泊施設の再生を目指す。
 


かてての俵石閣


 かつて「俵石閣」が芸術家や文化人達が作品作りのために籠もり思索した隠れ家(=NEST)であったように、NEST INN HAKONE HYOSEKIKAKUは自然との調和が美しい特別な“隠れ家”として、訪れる人が自己を見つめ直し、自己を洗練させるための場所に相応しい設備やサービスを提供する。
 
 2016年夏に開業を目指す第1期事業ホテルエリアには、3棟全37室のプライベートルームに、レストラン、ベーカリー、コーヒースタンド、コミュニティラウンジ、会議室、天然温泉などの施設を備える。
 
 プライベートルームは自然樹木の眺めを大切にシンプルに仕上げられ、自ら薪をくべながらそこに佇む心地よさを体験してもらえるよう薪ストーブなども配置する。
 
 また、レストランでは、天然酵母で作られた焼きたてのパンと、地元の新鮮な食材を薪グリルで調理した素材を活かした料理を提供する。
 

客室イメージ①
客室イメージ②

 
■NEST INN HAKONE HYOSEKIKAKUが位置する箱根仙石原と俵石閣の歴史
 
 仙石原は、富士箱根伊豆国立公園の特別地域に指定されており、土石流が残した風穴、氷穴、針広混交の自然林など特徴ある自然が保護されてきた希少なエリア。

 明治の後年代、東京の実業家であった島田藤吉、田畑平七、淡島嘉兵衛は仙石原のエリアが将来必ず発展するであろうと確信し、共同して現在再建中の俵石閣周辺の土地を取得・拡大していった。

 当初は彼らはここに別荘を建設する予定だったが、後にこれを変更し、大涌谷より温泉を引いて温泉旅館を建設する計画を構想。

 明治42年(1909年)に石村菊治と共同して引湯工事に着手、明治45年上湯場の温泉を元湯場(現在の仙郷楼)と俵石(現在の俵石閣)に引湯することに成功した。そして大正3年(1914年)、島田らは温泉旅館を「俵石閣」名付け開業し、仙石原は温泉場として世に出るようになった。

 また、俵石閣は神奈川近代文学館の資料によると、かの有名な与謝野晶子、与謝野寛、平野万里、石井柏亭、河合栄治郎ら文化人に愛用されていたと記されており、さらには、今上天皇陛下が皇太子時代に宿泊した名門旅館としても知られている。


■アートディレクター八木保氏コメント

「都会の喧騒の中で、日々の暮らしに追われると、自分自身を見失いがちです。
本来、自然の中にはなに一つとして同じ色彩、形態、模様がないように、私たち一人一人も、各々素晴らしい個性を持っています。

今、必要なことは、ひとときの休息・・・。

自然の中に身をおき、自然体になり、自己の想像力や可能性を高めることではないでしょうか?

箱根は、都心からのアクセスも良く、雄大な自然と温泉を持つ、歴史的な保養地。
自然に抱かれ、癒される場所、「NEST INN HAKONE」で、英気を培い、新たなライフスタイルを創造してほしいのです。」


■箱根仙石原の老舗温泉宿「俵石閣」再生プロジェクトとは?
(同社プレスリリースより)

 マイルストーンターンアラウンドマネジメント㈱では、昨今の極端な大都市集中型の社会から、ローカルの価値を重視した付加価値重視型の産業構造を実現する必要があると考えてきました。そして、それを実現するためには、地方活性化による循環モデルの構築、つまり第1次産業のサプライチェーン再編(いわゆる6次産業化)をダイナミックに促進することが不可欠であるとも考えてきました。
 そんな中、1914年から2011年まで温泉旅館「俵石閣」及びホテル「ウェルテル俵石」として営業していたこの土地に着目しました。この箱根仙石原俵石閣の歴史を知れば知るほど、この俵石閣が新しい時代に向けたライフスタイルの拠点になりうると多大な感銘を受け、当社では、2014年2月に俵石閣の不動産取得、及び温泉宿泊施設の再生計画プロジェクトを始動いたしました。


《施設概要》


施設名称:NEST INN HAKONE HYOSEKIKAKU (ネストイン箱根俵石閣)
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1290
敷地面積:79,207.84㎡(※施設全体)
施設構成:客室3棟全37室/レストラン/ベーカリーショップ/コーヒースタンド/コミュニティラウンジ/天然温泉/会議スペース(※すべて第1期事業ホテルエリア)

 

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年05月15日号
2024年05月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 2024年日本のホテルチェーングループ一覧 後編
【TOP RUNNER】
ジャヌ東京 総支配人 田中紀子氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE