ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 北村剛史  新しい視点「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜  第243 回『ホテル現場のサービス・コーディネート』
第243 回 北村剛史  新しい視点「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜 

第243 回『ホテル現場のサービス・コーディネート』

【月刊HOTERES 2016年11月号】
2016年11月18日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北村剛史
Takeshi Kitamura
㈱ホテル格付研究所 代表取締役所長
㈱日本ホテルアプレイザル 取締役
不動産鑑定士、MAI( 米国不動産鑑定士 )
MRICS(英国王室認定チャータードサーベイヤーズ)
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属システムデザイン・マネジメント研究所研究員。ホテル・旅館の不動産鑑定評価会社である㈱日本ホテルアプレイザルの取締役。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科では「ホテル・旅館の人格性、パーソナリティー」をテーマに研究活動に従事

 
 ホテルの体験を簡単なモデルとして表現した「葛藤- 解決モデル」を以前ご紹介しました。今後個人消費時代に突入し、直接顧客の心理に働きかける事業を展開するためには、ホテルでの体験を顧客の心理面から、サービスを適切にコーディネートし、無駄なくシンプルに、かつ効果的にアピールしていく必要があります。以下では改めて、「葛藤- 解決モデル」から今後求められるサービス・コーディネートを考えてみたいと思います。
 

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年06月15日号
2024年06月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【TOP RUNNER】
オリオンホテル(株) オリオンホテル 那覇 取締役 総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE