ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 北村剛史  新しい視点「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜 第244 回『ホテルの人格コントロール手法⑵』
第244 回 北村剛史  新しい視点「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜

第244 回『ホテルの人格コントロール手法⑵』

【月刊HOTERES 2016年11月号】
2016年11月25日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Profile
北村剛史
Takeshi Kitamura
㈱ホテル格付研究所 代表取締役所長
㈱日本ホテルアプレイザル 取締役
不動産鑑定士、MAI( 米国不動産鑑定士 )
MRICS(英国王室認定チャータードサーベイヤーズ)
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属システムデザイン・マネジメント研究所研究員。ホテル・旅館の不動産鑑定評価会社である㈱日本ホテルアプレイザルの取締役。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科では「ホテル・旅館の人格性、パーソナリティー」をテーマに研究活動に従事

 
 これまで幾度となく、ホテルの「人格」について触れてまいりました。弊社の調査では、ホテルや旅館での滞在体験を通じて「これまでにホテル・旅館に対し人格を感じたことがあるか」という質問に対して、約21%の人が「ある」と答えていました。施設カテゴリーで見ますと人格性を感じたという人の約46%が旅館でした。また約28%がリゾートホテルであり、約19%がシティホテル、約7%がビジネスホテルという結果でした。さらに「人格を感じたホテルにまた行きたいか」という質問に対しては、なんと約88% の人が「頻繁に行きたい・いつか行きたい」と答えています。
 
 これまでの弊社の調査では、宿泊特化型ホテルであればその人格特性(パーソナリティー)はそのホテルGM のパーソナリティーと関係しているようでした。またシティホテルやリゾートホテル等であれば、さまざまなサービスコーディネートの結果、全体として自然と浮かび上がる人格特性が影響しているようでした。そこで以下では、いくつかサービスを挙げ、それらの個別サービスとその結果顧客が感じ取る人格特性との関係について、弊社が実施したアンケート調査結果(2016年インターネットアンケート調査、全国200 名男女)をご紹介したいと思います。

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年06月15日号
2024年06月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【TOP RUNNER】
オリオンホテル(株) オリオンホテル 那覇 取締役 総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE