ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2020年5月29日号 グローバルSAKE マーケットの創造者たち 連載第2幕 第10回
2020年5月29日号 グローバルSAKE マーケットの創造者たち 連載第2幕 第10回

グローバルSAKE マーケットの創造者たち 連載第2幕 第10回

【月刊HOTERES 2020年05月号】
2020年05月28日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保存管理、ペアリングのやり方、飲み方を伝えていくことで、海外市場が創造できる

島田 日本酒を正しく扱ってくれる海外のレストランを選ぶ際に、ポイントとなるのは何ですか。

薄井 海外のレストランにおけるアルコール飲料の中で、日本酒は常識になりつつあります。だからこそ、間違った日本酒の飲み方を植え付けてしまうわけにはいかないのです。私たちは価値の創造を常にしていかなければなりません。そして、保存管理、ペアリングのやり方、酒の飲み方を伝えていくことで、海外のマーケットを創造していく必要があると考えています。

外国人が日本から新しいものを取り入れる段階で間違った情報が入ってしまうと、そちらの方向にすべて流れていってしまいますから、私たちが正しい情報を伝えなければなりません。ワインの場合は指導してくれるソムリエという存在がありますから、日本人も間違ったワインの飲み方をほとんどしませんよね。それと同じ方向に日本酒を持っていかなければならないのです。

島田 国内市場と海外市場は分けて考えていますか。それとも一つのグローバルな枠組みでとらえていますか。

薄井 一つの枠組みです。外国のワインは国内シェアが10%で、90%は海外への輸出分になっています。現在、私たちの酒は年間の売り上げベースで海外のシェアは15%です。これを将来的には30%から40%のレベルまで引き上げていかなければいけないと考えています。

仙禽の酒は酸が高いというスペックによって海外の人々の味覚や文化にフィットできていると思いますので、輸出のシェアを高めていけると確信しています。ゆくゆくは仙禽の味を日本酒の世界基準にしていきたいですね。

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年06月15日号
2024年06月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【TOP RUNNER】
オリオンホテル(株) オリオンホテル 那覇 取締役 総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE