ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2022年4月1日号 新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考
2022年4月1日号 新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考

第484回 新たな戦略、宿泊施設のSDG’s対応について(2)

【週刊ホテルレストラン2022年04月01日号】
2022年03月31日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 採用した基準は、海外基準等も調査し、国際的に、また国内においても、今後宿泊施設に求められるであろうESG基準構成を検討した結果であり、環境関連基準が全体の約 68%、事業性関連基準が約 22%、社会性関連基準が約 10%という基準構成となります。
 
 基準については、その取り組みレベルの高低に応じて、必須項目と考えるべきものに「レベル 1」、取り組むことが望ましい項目を「レベル 2」、高度な取り組みと思われる項目を「レベル 3」に整理できます。「レベル 1」は、全体の約 35%、「レベル 2」が約 31%、「レベル3」が全体の約 34%から構成されます。ここで、実際に新規に取り組みいただいた結果を以下ご紹介します。

 

週刊ホテルレストラン最新号
2022年09月23日号
2022年09月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテルの人材(リテンション編)
【トップインタビュー】
(株)水星(旧・ L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.)代表取締役 龍…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE