ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2022年9月16日号 新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考
2022年9月16日号 新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考

第504回 今後求められるであろう「歩合賃料」のあり方

【週刊ホテルレストラン2022年09月16日号】
2022年09月15日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は、今後求められるであろう、「歩合賃料」のあり方について、検討してみたいと思います。これまで、日本では海外と異なり、所有者側が、不動産関連租税公課の他、建物保険料や資本的支出を負担する「グロスリース」での賃貸形式が一般的であったこと、また、定期建物賃貸借契約による賃貸期間中において「保証された」賃料特には固定賃料が金融機関からも望まれたこと等を背景に、宿泊施設の賃貸借契約における賃料条件では「固定賃料」が多く見られました。

北村剛史 

(株)日本ホテルアプレイザル 代表取締役/(株)サクラクオリティマネジメント 代表取締役/(一社)観光品質認証協会 統括理事不動産鑑定士、MAI(米国不動産鑑定士)、FRICS(英国ロイヤル・チャータード・サベイヤーズ協会フェロー)、CRE(米国不動産カウンセラー)

ホテル・旅館の不動産鑑定評価会社である(株)日本ホテルアプレイザルの代表取締役。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科在籍時には「ホテル・旅館の人格性、パーソナリティー」をテーマに研究。

無料提供中:【サクラクオリティ安全行動基準】(新型コロナウイルス感染症予防止よび防止防止衛生管理実践マニュアル)
https://www.sakuraquality.com/

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月02日号
2022年12月02日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
ハイアットセントリック 金沢/ハイアットハウス 金沢 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE