ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2022年9月2日号 新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考
2022年9月2日号 新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考

第502回 コロナ禍を経て露呈した課題点

【週刊ホテルレストラン2022年09月02日号】
2022年09月01日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 普通建物賃貸借契約であれば、正当事由がない限り、リテナントは困難であることはもちろん、借地借家法が適用され、賃借人が強固に保護されています。そのため、賃貸人側の意向をできうる限り契約内容に取り込むためにも、短期的な定期建物賃貸借契約を志向する投資家が多く見られました。定期建物賃貸借契約とすることで保全されたはずの賃料も、事業性が揺らぐとその安定性も破綻します。ホテル事業は、労働集約型でありかつ、環境の影響を受けることから大きな事業リスクを負います。装置産業という側面もあり不動産経費も大きくのしかかります。
 

北村剛史 

(株)日本ホテルアプレイザル 代表取締役/(株)サクラクオリティマネジメント 代表取締役/(一社)観光品質認証協会 統括理事不動産鑑定士、MAI(米国不動産鑑定士)、FRICS(英国ロイヤル・チャータード・サベイヤーズ協会フェロー)、CRE(米国不動産カウンセラー)

ホテル・旅館の不動産鑑定評価会社である(株)日本ホテルアプレイザルの代表取締役。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科在籍時には「ホテル・旅館の人格性、パーソナリティー」をテーマに研究。

無料提供中:【サクラクオリティ安全行動基準】(新型コロナウイルス感染症予防止よび防止防止衛生管理実践マニュアル)
https://www.sakuraquality.com/

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月02日号
2022年12月02日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
ハイアットセントリック 金沢/ハイアットハウス 金沢 総支配…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE