ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • Gourmmet Report――新商業施設のレストラン vol 7  Hayama Natural Table Bojun(ハヤマ ナチュラル テーブル ボジュン)
vol 7 Gourmmet Report――新商業施設のレストラン vol 7  Hayama Natural Table Bojun(ハヤマ ナチュラル テーブル ボジュン)

CHAYA マクロビフーズが新業態店 湘南、葉山の食材を使った体にやさしい マクロビイタリアンを浅草から発信

【週刊ホテルレストラン2016年04月08日号】
2016年04月08日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


① 湘南シラスのペペロンチーニスパゲッティーニ 1200 円(税込み)グリテンフリーのスパゲッテイに旬のシラスをのせたさっぱりした人気の一皿

「まるごとにっぽん」の4 階「縁道」には日本各地の特色あるレストランが出店している。肉、卵、乳製品、白砂糖、化学調味料を使わないマクロビオティックレストラン・カフェを展開するCHAYA マクロビフーズは新業態の店「ハヤマ ナチュラル テーブル ボジュン(以下、ボジュン)」を出店したので、ストアマネジャーの山角友佳氏に話を聞いた。


② 浅草Bojunきまぐれサラダ 醤油ドレッシング 850 円(税込み)紅芯大根、ケール、トマト、カブ、キヌア(雑穀)などの珍しい新鮮な野菜を使ったサラダ

「マクロビオティック(以下、マクロビ)と言うとストイックな食をイメージする方もいますが、本来は日本の伝統食をベースとした体にやさしい食事です。「まるごとにっぽん」は日本各地の名産品が集結するコンセプトなので、当社のルーツである湘南、葉山産の食材の良さを訴求したいと出店しました。浅草は伝統的な和食店が圧倒的に多く、マクロビだけのコアな客層中心では難しいことから、新業態としてマクロビとイタリア料理を組み合わせた料理を提案。鎌倉野菜、三浦の根菜、相模湾の魚、人気の葉山牛を使った料理にし、いままでマクロビになじみのなかった人たちにも興味をもって受け入れられています。野菜をたっぷり食べられるので、お客さまに“ 体がきれいになる気がする”“ 食べ過ぎ・飲み過ぎの後の体がすっきりする” との感想をいただいています。


③ 3 階の「おすすめふるさと」では出展市町村ならではの文化や特産品を集めて理解、体験してもらうための展示・販売を行なっている


④ 同階 Cooking studio「おいしいのつくりかた」では、地域独自の食材や調味料を使用し、さまざまな郷土料理や、その時期ならではのレッスンが開講されている

 
 また、同じビルの高層階にはリッチモンドホテルプレミア浅草インターナショナルが開業し、海外のベジタリアンの方からは「ボジュン」で食事をできるので、安心して滞在ができると喜ばれ、SNS で広がりをみせています。2 カ月後にメニューを見直し、さらに魅力ある料理をラインアップしていきたいです。初年度売り上げ目標は9000 万円。毎年1 店舗を新規オープン目標にしています」
(取材 飯塚良子)

⑤ 浅草寺、五重塔、スカイツリーが並んで窓外に広がるモダンで明るい店内。グループでの会食に最適な半個室の人気のスペースもある
⑥「ハーブを食べるサングリラなどもあり、ゆったりお過ごしいただけます」とストアマネジャーの山角友佳氏

(DATA)Hayama Natural Table Bojun
住所=東京都台東区浅草2-6-7 まるごとにっぽん4 階
TEL = 03-3843-3701
営業時間= 11:00 〜23:00(フード・デザートラストオーダー
22:00 /ドリンクラストオーダー22:30)
席数= 41 席
総面積= 109.30㎡
運営会社=㈱CHAYA マクロビフーズ
開業日= 2015 年12 月17 日
http://www.chayam.co.jp/restaurant/bojunasakusa.html
 
 
地方創生の拠点「まるごとにっぽん」
 東京浅草六区の東京楽天地浅草ビルの1 階から4 階に日本各地方の魅力が体験できる「まるごとにっぽん」(東京都墨田区、取締役社長小笠原功氏)が12 月17 日にオープンした。全4 フロア50 店舗(飲食店8 店、物販37 店舗、その他5 店舗)で、全体の8 割が東京初出店。その土地に行かなければ手に入らなかった食べ物や逸品に出会えるため、見て、食べて、持ち帰って旅気分を味わえると連日大盛況。年間約2800 万人の観光客が訪れる浅草で、日本の特産品のアンテナショップがそろう便利さもあり、外国人にも人気が高い。浅草の地元ではインバウンド対策として街中のWi-Fi 化や誘致サイトを多言語で発信している。同じビル内に同時にオープンしたリッチモンドホテル初のインターナショナルであるリッチモンドホテルプレミア浅草インターナショナルも活況を呈し、「まるごとにっぽん」が誕生したことで、人の流れが変わり「地方の底力」を実感できるだろう。
住所=台東区浅草2-6-7 https://marugotonippon.com/
 
NEW OPEN の飲食店(上記店以外)
■京もつ鍋亀八(もつ鍋)
席数= 44 席/店舗面積= 29.15㎡/運営会社=㈲超福/営業時間= 11:00 〜23:00
■チャーリーズベジタブル東京(産直野菜レストラン)
席数= 45 席/店舗面積= 34.79㎡/運営会社= WRトレーデイング㈱/営業時間=11:00 〜23:00
■海鮮若狭丸(海鮮丼・海鮮らーめん)
席数= 35 席/店舗面積= 26.18㎡/運営会社= FRONTER INTERTECH ㈱/営業時間= 11:00 〜23:00
■畑々(はたばた)(和食創作料理)
席数= 47 席/店舗面積= 34.48㎡/運営会社=㈱ファイブフォー/営業時間= 11:00〜23:00
■ひろしま・お好み焼き凡(お好み焼き)
席数= 22 席/店舗面積= 14.27㎡/運営会社=㈲エムエム商事/営業時間= 11:00〜23:00
■和牛本丸スタジアム(肉料理)
席数= 47 席/店舗面積= 43.35㎡/運営会社= FRONTER INTERTECH ㈱/営業時間= 11:00 〜23:00

週刊ホテルレストラン最新号
2022年11月25日号
2022年11月25日号
本体1,650円(税込)
【特集】本誌独自調査 総売上高から見た日本のベスト “300”ホテル【プ…
【トップインタビュー】
オテル・ドゥ・ミクニ オーナーシェフ 三國 清三氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE