ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 伊藤 淳 日本のウエディングの常識 なぜ? なにかへん? 日本のウエディング 第6 回「なぜやらない!? なぜやりたくない!? 日本のウエディング」PART6
第6 回 伊藤 淳 日本のウエディングの常識 なぜ? なにかへん? 日本のウエディング

第6 回「なぜやらない!? なぜやりたくない!? 日本のウエディング」PART6

【週刊ホテルレストラン2016年12月09日号】
2016年12月07日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤 淳氏
クラリス ウエディング ブランドエグゼクティブ/クラリス ウエディングプランナースクール校長/クラリス ウエディングプランナー研究所所長
〈プロフィール〉1997 年より㈱リクルートのゼクシィ事業部に8 年間在籍。ゼクシィ「茨城・栃木・群馬版」の立ち上げ責任者を経て、ホテルウェディンググループゼネラルマネージャーに就任。2005年退職し、「クラリスウェディングプランナースクール」を創設、第一線で活躍できるウエディングプランナーの育成に携わる。07 年に㈱リクルートと共同で現役プランナー向け研修を生み出し、ウエディングの打ち合わせオペレーションの改革を提唱する「明日からウエディング」を考案。さらにプランナーだけにとどまらず、ウエディング業界全体の活性化のためジュエリー業界のスタッフや現場キャプテンのトレーニングにも力を注いでいる。

 
 いよいよ2016 年も締めくくりの月となりました。皆さんにとって2016 年はどんな年になったでしょうか。年始に立てた目標を達成できた人、残念ながら達成はできなかったけど挑戦することはできた人、そもそも目標も立てず挑戦しなかった人。人それぞれだと思いますが、皆さんに共通していることは間もなくこの1 年は締り新年を迎えるということです。今年1 年を振り返りつつ、新たな年に向けて自分の目標や行動プランを考える時間を作ってみてはいかがでしょうか。
 
 私が今年1 年取り組もうと思ったことは、「なし婚」対策です。「やりたくない」を「やりたい」に変えるためにさまざまなアクションを起こしてはきましたが、力およばずまだまだ解決には至っていません。しかし、私は絶対にあきらめずその解決の糸口を見つけるために一層努めていきたいと思っています。日本の誇り高き婚礼文化を発展させていくために。
 
 さて今回もテーマは「料理」です。

週刊ホテルレストラン最新号
2022年09月23日号
2022年09月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテルの人材(リテンション編)
【トップインタビュー】
(株)水星(旧・ L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.)代表取締役 龍…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE