ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 五十嵐 茂樹  Business Revitalization 事業再生を科学する! 第23回 work style reforms summary 働き方改革総括
第23回 五十嵐 茂樹  Business Revitalization 事業再生を科学する!

第23回 work style reforms summary 働き方改革総括

【週刊ホテルレストラン2017年09月15日号】
2017年09月15日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱五十嵐マネジメント・サポート
代表取締役コンサルタント
五十嵐 茂樹
〈Profile〉大学を卒業後、㈱ロイヤルで店長・エリアマネジャー・営業部長・教育部長を歴任し、その後、㈱アレフで営業統括としてびっくりドンキーの全国展開を指揮する。その後、多数の企業再生を手掛けた後、それまでの経験を元にプロ経営者としての道を歩む。2005年㈱ジャパンフードシステムズ代表取締役社長(タパス&タパス)、08 年㈱コロワイド東日本代表取締役社長(甘太郎・北海道等)、12 年㈱ダブリューピィージャパン代表取締役社長(ウルフギャングパックカフェ)・㈱レインズインタナショナル代表取締役社長(牛角・温野菜等)、14 年カッパ・クリエイト㈱代表取締役社長(かっぱ寿司)の再生を手掛けた後、16 年7 月より再びフリーランスとして企業再生への道を歩みだす。
http://www.igarashi-ms.co.jp/

 
数々の外食産業で事業再生に携わってきただけでなく、外資系ホテルチェーンでの学びと体験を生かして、ホテル・レストラン業の現状を分析・改革・向上につながる視点を「週刊HOTERES」読者にお伝えする。
 

 
優先課題に働き方改革!
 今やすべての産業界において働き方改革が論じられていますが、中でも労働集約型の業界にとっては、働き方改革と同時に、人の確保と人の定着は、経営上の最優先課題になってきています。今までのような、働く以上は長時間労働に休日出勤は当たり前、土日祭日は絶対に休めない、有給休暇はあっても使ったことなどない等々、そんな業界の常識が今世間から問われています。もちろん、ホテルや旅館業界、それに、外食業界は典型的な労働集約型産業で、人の労働によって成り立つ業界です。しかし、その人の労働を酷使するところはブラック企業と呼ばれ、これからの人不足の時代には当然通用しないし、人がいないことで、店もホテルも運営できない所が出てきます。そこで働き方改革を進めながら、同時に業績向上を図ってゆくことが経営上の優先課題になってきます。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月08日号
2017年12月08日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルスパ 組織を強くする人材戦略 ~人材難の時代を乗り越え…
【トップインタビュー】
The Small Maldives Island Co. CEO & Curator マーク・ヘア …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE