ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 加藤淳子  ウエディングプランナーの役割  第29回  海外のセミナーで大切なことは相手国をリスペクトすること
第29回 加藤淳子  ウエディングプランナーの役割 

第29回  海外のセミナーで大切なことは相手国をリスペクトすること

【週刊ホテルレストラン2018年01月19日号】
2018年01月19日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱ティーライフ環境ラボ 代表取締役
ティーライフアカデミー校長
元ANA クラウンプラザホテル京都
ブライダル担当顧問
トータルライフコンシェルジュ
加藤淳子氏

10 年間ブライダル専門学校の講師を経験し、数多くのウエディングプランナーを養成してきたのが、トータルライフコンシェルジュとして活躍中の㈱ティーライフ環境ラボ 加藤淳子社長だ。指示待ちの若者が増えている中、“ 教えれば熟す器用は持ち合わせている”という信念のもと、さまざまな視点から人材育成に向けた連載を6 月3 週号よりスタート。「ウエディングプランナーの心構えのリニューアル必須」を題材に書き上げていただいた。

 
 今月初旬に上海でのプロトコールマナーズセミナーの依頼をいただき、上海に行って参りました。上海で10 年間フラワー事業を展開されている日本企業からのオファーで、今後は中国での教育事業の拡大を目指していらっしゃいます。 中国でのマナーセミナーオファーは今までも何度かありましたが、今回初めて実現しました。海外でのセミナーの一番の問題点は通訳でした。今回通訳を担当してくださった方は、上海在住マナー講師としてご活躍されている中国人女性で、ご主人が日本人で、日本のマナーを大変尊重されている方なので、打ち合わせから息がぴったり合い、私が今回お伝えしたかった日本のおもてなしの真髄をしっかりとお話させていただく事ができました。
 
 初めての中国でのマナーセミナーなので、本題に入るまでの導入部分がかなり重要でした。プロトコールにおきましては、中国に限らずに、お相手国をリスペクトする事が、大変重要です。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年05月18日号
2018年05月18日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテリエの賃金実態
【トップインタビュー】
東急ホテルズ 代表取締役社長 小林 昭人 氏 同執行役員事業企…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE