ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ザ・ペニンシュラ東京 ソーニャ ボドゥセック 氏 HOTERES Column 2018 組織力を高めるための効果的なコミュニケーション・アプローチ 第6回 蒔かぬ種は生えぬ
第6回 ザ・ペニンシュラ東京 ソーニャ ボドゥセック 氏 HOTERES Column 2018 組織力を高めるための効果的なコミュニケーション・アプローチ 

第6回 蒔かぬ種は生えぬ

【週刊ホテルレストラン2018年05月18日号】
2018年05月18日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ペニンシュラ東京は、フォーブス・トラベルガイドで2016 年から3 年連続5 つ星評価を獲得するなど、国内ラグジュアリー市場をけん引する存在。その舵を取るのが2015 年末に総支配人に着任したソーニャ ボドゥセック氏だ。本誌では、ルームアテンダントから始まり総支配人として今日に至るまでのユニークな経験談を交えながら業界を超えた読者へのメッセージを綴る。

ザ・ペニンシュラ東京 総支配人
ソーニャ ボドゥセック 氏
Sonja Vodusek オーストラリア出身。ブルーマウンテンインターナショナル ホテルマネジメント スクールでホテルマネジメントの学位を取得後、ロイヤルメルボルン工科大学で企業経営学を修了。大学時代には、約半年間、東京のシェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテルのルームアテンダントとしてトレーニングを経験する。大学卒業後、約16 年間にわたり、プラハ、ワシントンDC、ヒューストン、東京、アイルランドのダブリン、シドニーに位置するフォーシーズンズの宿泊部門をはじめとしたラグジュアリーホテルにおいて経験を積む。2010 年9 月、ホテルマネージャーとしてザ・ペニンシュラニューヨークに入社。11 年4 月、ザ・ペニンシュラマニラの総支配人に就任。15 年12 月15 日より現職。
 
Data
ザ・ペニンシュラ東京
東京都千代田区有楽町1-8-1
☎03・6270・2888

 
 私が某ホテルのレストランのウェイトレスをしていた1994 年のことです。当時、そのレストランのマネージャーのポジションに空きができ、興味があったので応募したいと思いました。しかし、当時の私は、自分にはまだその実力が備わっていないと考え、応募を諦めました。その後しばらくして、同ホテルの退職時に当時の総支配人と話す機会がありました。その際、実はレストランのマネージャーとして働きたかったという思いを伝えたところ、なぜ応募しなかったのかと彼に問われ、私は「自分の実力でマネージャーとしてのポジションをもらえるとは思わなかったので諦めました」と答えました。すると彼は、「蒔かぬ種は生えぬ」という言葉と共に、成果や結果を出すためには、そのための種を蒔いておかなければならず、行動を起こさなければ何も起こらないとアドバイスをしてくれたのです。キャリア形成において重要な時期の、かけがえのない教訓になりました。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年06月22日号
2018年06月22日号
本体1,600円(税込)
【特集】デスティネーション愛知 内に秘めたポテンシャルがいよいよ花…
【トップインタビュー】
レッド・プラネット・ジャパン 代表取締役社長 ティム・ハン…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE