ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ソーニャ ボドゥセック HOTERES Column 2018 組織力を高めるための効果的なコミュニケーション・アプローチ  第7回 ベストを尽くすために、心身共にベストな状態を維持する
第7回 ソーニャ ボドゥセック HOTERES Column 2018 組織力を高めるための効果的なコミュニケーション・アプローチ 

第7回 ベストを尽くすために、心身共にベストな状態を維持する

【週刊ホテルレストラン2018年07月20日号】
2018年07月20日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・ペニンシュラ東京は、フォーブス・トラベルガイドで2016 年から3 年連続5 つ星評価を獲得するなど、国内ラグジュアリー市場をけん引する存在。その舵を取るのが2015 年末に総支配人に着任したソーニャ ボドゥセック氏だ。本誌では、ルームアテンダントから始まり総支配人として今日に至るまでのユニークな経験談を交えながら業界を超えた読者へのメッセージを綴る。

ザ・ペニンシュラ東京 総支配人
ソーニャ ボドゥセック 氏
Sonja Vodusek オーストラリア出身。ブルーマウンテンインターナショナル ホテルマネジメント スクールでホテルマネジメントの学位を取得後、ロイヤルメルボルン工科大学で企業経営学を修了。大学時代には、約半年間、東京のシェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテルのルームアテンダントとしてトレーニングを経験する。大学卒業後、約16 年間にわたり、プラハ、ワシントンDC、ヒューストン、東京、アイルランドのダブリン、シドニーに位置するフォーシーズンズの宿泊部門をはじめとしたラグジュアリーホテルにおいて経験を積む。2010 年9 月、ホテルマネージャーとしてザ・ペニンシュラニューヨークに入社。11 年4 月、ザ・ペニンシュラマニラの総支配人に就任。15 年12 月15 日より現職。

 
 ザ・ペニンシュラ東京の基本的価値観のひとつに「思いやり」があります。これは従業員が一丸となり仕事に励み、お客様はもちろん、働く仲間に対しても思いやりを示すということです。私たちは従業員一人ひとりの幸せを大切にしており、それに向けた取り組みのひとつとして今年から、「ワーク・ライフ・バランス休暇」を導入しました。これは、有給休暇とは別に、私用で取得可能な3 日間の追加休暇です。また、現在、国際的に活躍している栄養士やミス・ユニバース・ジャパンの優勝者を招き、健康やウェルネスに関する講義を行っていただく「ウェルネスプログラム」も開催しています。月1回、従業員を対象に「食生活」や「運動と睡眠」などの異なるテーマで、従業員の心身の健康をサポートする12 ヶ月のプログラムです。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年08月17日号
2018年08月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】動き出した新サービス&運営術
【トップインタビュー】
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ㈱ 代表取締役社長 井上 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE