ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 観光施設メディアラボ 公益社団法人国際観光施設協会編  ホテルの安全安心 施設の健康管理(配管の動脈硬化対策) 公益社団法人国際観光施設協会 理事、エコ・小委員長 ㈱佐々山建築設計 代表取締役 佐々山 茂
観光施設メディアラボ 公益社団法人国際観光施設協会編 

ホテルの安全安心 施設の健康管理(配管の動脈硬化対策) 公益社団法人国際観光施設協会 理事、エコ・小委員長 ㈱佐々山建築設計 代表取締役 佐々山 茂

【週刊ホテルレストラン2018年05月18日号】
2018年05月18日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公益社団法人国際観光施設協会 理事、エコ・小委員長 
㈱佐々山建築設計 代表取締役
佐々山 茂

 
 宿泊施設では耐震、アスベスト、設備の老朽化がハードの3 大リスクとなっている。旧耐震は昭和56 年以前の建物、アスベストは概ね昭和57 年以前の建物で問題になり、設備の老朽化は築20 〜30 年経過した時点で問題となる。バブル前後の建物が既に20~30 年経過しその域に入った。旅館はバブル前の8 万3000 軒、102 万室が現在3 万9000 軒、69 万室に激減した。減った客室数33万室を減った軒数4 万4000 軒で割ると1 軒当たりは7.5 室となる。このことから家族経営などの小規模旅館が廃業し、中規模以上の施設では経営者は代わっても古い建物は使い続けられていると考えられる。これらの施設では設備が経年劣化し、中でも配管の老朽化は切実な問題になっている。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本  客室改装3ヶ年計画をスタート。2019年3月16日(土)、13・14階の客室をリニューアルオープン
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテル日航熊本 
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄  ロケーションに依存しない、人による魅力で「元気になるリゾート」を目指す
2018年12月14日号  特別企画  ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 
2018年12月14日号  特集 Ⅱ HACCPに沿った衛生管理で 冬も食中毒対策を
2018年12月14日号 
CLOSE