ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • SoZo ㈱ あつみゆりか  経営者必読! ブライダル自社集客への道  第8回 ホームページでこそ、複数ターゲットに向けた施策を
第8回 SoZo ㈱ あつみゆりか  経営者必読! ブライダル自社集客への道 

第8回 ホームページでこそ、複数ターゲットに向けた施策を

【週刊ホテルレストラン2018年08月17日号】
2018年08月17日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 昨今、花嫁のニーズの多様化はますます加速しています。最大手メディア「ゼクシィ」では「クラスタ」という名称で呼ばれる8 つの花嫁タイプに向けた施策が推奨されています。花嫁タイプは3 ~ 5 つ程度はありますが、多くの施設の結婚式コンテンツのターゲットは外から拝見する限り、1 ~ 2 つ程度で圧倒的にメディアよりも不足しています。つまり、ターゲット対策をメディアのみに依存するのはナンセンスなのです。今回はその理由と具体的対策についてお話ししていきましょう。

SoZo ㈱ 代表
あつみゆりか
〈プロフィール〉マイナビウエディング初代編集長。2 年で就任時の総来館予約数の5 倍へ育成。2015 年末に退社し、SoZo ㈱を起業。日本初のブライダルWEB担当者「ウエディングWEB プランナー®」を育成する「集客創造スクール ウエディングWEBカレッジ」を創設。現在、東京校・大阪校にて第3 期生を募集中。

 
【理由1】お客さまホームページにこそ網羅性を求めている
 
 多くのお客さまの結婚式場選びは、一つのサイトで完結することはなく、Web 上のさまざまなサイトを行き来します。特に結婚式は高額商品。パッと見で来館予約を決める人はごく稀です。そのときに1 度はチェックしておこうという場所がホームページ。お客さまの意識としてホームページは公式情報が掲載されていると考えるケースが多く、別サイトで載っていた情報がホームページにない、というのは不足感につながります。ですから「特定のウエディングWeb メディアでターゲット対策したから十分」ということはないのです。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月21日号
2018年09月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE