ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 北村剛史  新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考  第324回 『ホテルの競争力向上理論(3要素力学)』
第324回 北村剛史  新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考 

第324回 『ホテルの競争力向上理論(3要素力学)』

【週刊ホテルレストラン2018年09月21日号】
2018年09月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Profile
北村剛史
Takeshi Kitamura
㈱ホテル格付研究所 代表取締役所長
一般社団法人観光品質認証協会 統括理事
㈱日本ホテルアプレイザル 取締役
不動産鑑定士、MAI (米国不動産鑑定士)、FRICS(英国ロイヤル・チャータード・サベイヤーズ協会フェロー)、CRE(米国不動産カウンセラー)
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科附属システムデザイン・マネジメント研究所研究員。ホテル・旅館の不動産鑑定評価会社である㈱日本ホテルアプレイザルの取締役。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科では「ホテル・旅館の人格性、パーソナリティー」をテーマに研究活動に従事

 
 2015 年以降、ホテルの新規開業が大幅に増加し、その結果、ホテルクラスで言えば特に、平均客室面積15㎡前後のホテルで運営上の差別化要素が求められるようになっていました。
 
 今回は、その中で運営上どのような差別化視点が必要なのか、整理したいと思います。
 
 まずは、以前弊社で実施したハードウエア、ソフトウエア、ヒューマンウエアのバランスについての調査結果をご紹介します。
 
 調査の結果、圧倒的に一番顧客からの評価が高いバランスが、スタッフが秀でているホテルでした。次いで、ハードウエア、ソフトウエア、ヒューマンウエアの競争力がバランスしているホテルです。つまり、スタッフの接遇レベルの高低が大きくホテルの競争力に影響を与えると考えることができます。
 
 また、人ではないホテルに人格を感じたことがあるかと問うと、21.5%の人が感じたことがあると答えていました。そしてその人格はどこから生じたと考えられるかと問うと、接したスタッフ全体の印象に近いとの回答が非常に多いという結果でした。次いで、ホテルの全体印象から自然に生まれたと思うという回答が多いという結果でした。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
島田 律子  伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第七回  (株)横浜君嶋屋 売れるか売れないかではなく「飲み続けられる酒」を基準に選ぶ
島田 律子  伝統は“守る”のではなく“創る”もの 
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 連載⑮ 資産の総合管理(アセットマネジメント)
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 
伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第八回 島田律子氏 × ㈱横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至氏
伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第八回 島田律子氏 × ㈱横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至氏
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
CLOSE