ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 北村剛史  新しい視点「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜 第327回 『レストランの品質』
第327回 北村剛史  新しい視点「ホテルの価値」向上理論 〜ホテルのシステム思考〜 

第327回 『レストランの品質』

【週刊ホテルレストラン2018年10月12日号】
2018年10月12日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 以前ご紹介しましたが、弊協会と観光圏整備法に基づく全国観光圏推進協議会との共同プロジェクトである宿泊施設品質認証「サクラクオリティ」では、「安全性」と「安心感」を重視しつつ、基準を構成する品質認証プログラムです。
 
「サクラクオリティ」では、「安全性」に関しては0 か100 のいずれかであり、建物や設備等、また運営に関する順法性がすべてクリアされていないと、そもそも本プロジェクトに参加ができません。順法性等を含めた安全性をクリアした施設に対しては次に「安心感」に関する品質を調査します。ここで重要な視点は、顧客視点をも包含することで、高度な情報提供につなげることです。「安心感」は心理的な認知に関する概念であり、その感じるレベルに応じて連想する概念に変化が生じ、「安心感」を起点に階層が浮かび上がります。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月07日号
2018年12月07日号
本体1,950円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー 】
ヒューリックホテルマネジメント㈱ 取締役総支配人 兼 総料理…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE