ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 本誌 松沢良治 ニュースな話&人物クローズアップ 働き方改革に着手 伊豆半島の稲取銀水荘
本誌 松沢良治 ニュースな話&人物クローズアップ

働き方改革に着手 伊豆半島の稲取銀水荘

【週刊ホテルレストラン2019年01月11日号】
2019年01月11日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 全国どこでも人手不足。特に長時間労働が当たり前とされた旅館。若者が集まらず必然的に年配労働者が増えている。体調不良とか孫の世話をしなければならないとかで、常時人手不足を抱えているのが現状だ。
 
 有名ホテル旅館である「稲取銀水荘」(経営は株式会社ホテル銀水荘、社長加藤昌利氏)はこうした事態を踏まえ昨年大幅な働き方改革を実施。これまでの旅館スタイルでは難しかった「一日一勤務」を断行した。これで一人一日8 時間から9 時間の勤務で運営できる状態になっている。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年03月15日号
2019年03月15日号
本体1,600円(税込)
【特集】IR候補地のポテンシャルと動向
【トップインタビュー】
(株)東武ホテルマネジメント 代表取締役社長 重田 敦史 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE