ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 旅館革新の旗手たち ⑶ 「引き算による価値創造で均衡経営を」 ㈱共立メンテナンス
第3回 旅館革新の旗手たち ⑶ 「引き算による価値創造で均衡経営を」 

「癒しの湯宿」を経営する株式会社共立メンテナンス 取締役リゾート事業本部長 鈴木 真樹 氏

【週刊ホテルレストラン2015年08月14日号】
2015年08月12日(水)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木 真樹(すずき まさき)氏
鈴木 真樹(すずき まさき)氏
徳江 順一郎(とくえ じゅんいちろう)
徳江 順一郎(とくえ じゅんいちろう)

サラリーマンに絶大な支持を誇る「ドーミーイン」を経営する共立メンテナンスという企業が、「癒しの湯宿」というブランドで、日本各地に旅館を展開するようになってから10 年、同社は日本でも有数の旅館チェーンを展開するに至っている。その秘訣は意外なところにあった。あれもこれもとさまざまなサービスを提供するのではなく、顧客が必要十分であるというサービスを緻密に探ったうえで、それを提供するための施設づくりから行うという、いわばマーケティングの基本に立った考え方だったのである。
長く続く業界には、それぞれの業界独特の「しきたり」や「常識」が蔓延している。それを打破することこそが、その業界の成長をうながす大きなポイントである。
その、いわば「当たり前」のことを再確認させていただいたインタビューとなった。

週刊ホテルレストラン最新号
2022年09月23日号
2022年09月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】ホテルの人材(リテンション編)
【トップインタビュー】
(株)水星(旧・ L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.)代表取締役 龍…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE