ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2020年9月25日号 サービス・イノベーション-Part2~現場と本部が一体で進めるイノベーション~
2020年9月25日号 サービス・イノベーション-Part2~現場と本部が一体で進めるイノベーション~

192 相手に歩みよる

【週刊ホテルレストラン2020年09月25日号】
2020年09月24日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安売りをすることは「お客さまに歩み寄る」こととは違う

 コロナ禍の今も昔もこれからも、お客さまに歩み寄る事業が必要なのは確認するまでもないだろう。昔も今も、相手、お客さまの欲求を満たすために商品があり、お客さまは、その商品から得られる価値を手にするためにお金を支払う。しかし、歩み寄り方に最も工夫を要するのが、いまだろう。これまでと何かを変えて、いまに近づいていく必要があるのだ。

 ある高級フレンチ店が、ハッピーアワーをやっている。3000 円でシャンパンが、オープンテラスで味わえる商品は、好評のようだ。加えて、女性二人で3万円のドリンク込みの高級食材を使ったコースも提供している、一般的な高級フレンチの平均価格からみれば、1/10で、フレンチ気分が味わえるのが、ハッピーアワーという、お客さまへの歩み寄り方と言えるだろう。団体客が入ってこない状況を嘆くのではなく、手を打っているのだ。

Profile
岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)

1971 年生まれ。亜細亜大学卒。(株)船井総合研究所を経て、2004 年(株)スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)、『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

ご意見・ご質問お待ちしております
okamura-kouichiro@scholar.co.jp

週刊ホテルレストラン最新号
2020年12月04日号
2020年12月04日号
本体2,050円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【トップインタビュー】
マリオット・インターナショナル 日本・グアム担当エリアヴァ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE