ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 1900年代半ばのアメリカの世界観がモチーフ、「星野リゾート 1955 東京ベイ」6月20日オープン
ホテルリブランドニュース 星野リゾート/星野リゾート 1955 東京ベイ

1900年代半ばのアメリカの世界観がモチーフ、「星野リゾート 1955 東京ベイ」6月20日オープン

2024年06月21日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 星野リゾート(本社・長野県北佐久郡)は6月20日、千葉県浦安市にて全638室の「星野リゾート 1955 東京ベイ」をオープンした。
 浦安市日の出7丁目の新浦安駅からバスで約10分の立地に位置し、18階建ての旧東京ベイ東急ホテルをリブランドしたもの。同社において舞浜浦安エリアでの展開は初となり、国内外で71施設目の運営ホテルとなる。
 
 コンセプトは「古き良き」を意味する「OLDIES GOODIES」とし、館内のデザインは世界初のディズニーランドが誕生した1955年頃のアメリカの世界観をモチーフとした。
 ロビーや客室、パブリックスペースなどのデザインは落ち着きのある色で整え、1950年代前後にアメリカで使われていたビンテージ品のテーブルや椅子、本やおもちゃなどを設えて当時の世界観を感じられるよう仕上げた。
 
 館内に宿泊ゲストが自由に過ごせるパブリックスペース「2nd Room」を配し、1955年頃のアメリカで流行していたミッドセンチュリーデザインのテーブルや椅子が並ぶスペース、靴を脱いで過ごせるリラックススペース、カーテンを引いて半個室として使えるスペースなどがあり、好みの場所でくつろぐことができる。
 
 料飲施設は“鮭の彩り茶漬け”や“鶏醤油ラーメン”など全4種の一品料理、8種のホットデリ・コールドデリを提供する「Cafeteria」、和洋ビュッフェを提供する「Restaurant」を構える。
 その他、「2nd Room」に併設の24時間利用可能な「Food & Drink Station」を備え、宿泊料金は2名1室利用1人当たり9000円~(税込み)にて販売する。
 
関連記事
「星野リゾート、舞浜浦安エリアにて初進出となる『星野リゾート 1955 東京ベイ』、6月20日オープン」
https://www.hoteresonline.com/articles/13106
 
―――
文・オータパブリケイションズ 臼井 usui@ohtapub.co.jp

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年07月15日号
2024年07月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 ホテリエの賃金実態調査 2024
【TOP RUNNER】
(株)ミリアルリゾートホテルズ 代表取締役副社長 東京ディ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE