ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • Plan・Do・See社、6月24日付で熊本ホテルキャッスルと資本業務提携を締結
ホテル経営ニュース 株式会社Plan・Do・See/熊本ホテルキャッスル

Plan・Do・See社、6月24日付で熊本ホテルキャッスルと資本業務提携を締結

2024年07月01日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 株式会社Plan・Do・See(本社・東京都港区)は6月25日、6月24日付で熊本ホテルキャッスル(熊本県熊本市)と資本業務提携を締結したことを発表した。
 1960年に創業した同ホテルは昨今、熊本県におけるインバウンドの増加やアフターコロナにおける経済の回復基調を受け5期ぶりの経常黒字へと至るものの、債務超過が続いていることを背景に同提携へと至った。
 
 同提携に伴い6月24日付でPlan・Do・See社よりWITH THE STYLE FUKUOKA ゼネラルマネージャーの奥地 大祐氏が出向し、熊本ホテルキャッスルの代表取締役社長に就任。
 今後はブライダル事業の拡大をはじめ、老朽化した設備の改装をもって付加価値の向上、料理部門のリブランディング、宴会事業の業容拡大を基軸とし打ち出す姿勢である。
 
―――
文・オータパブリケイションズ 臼井 usui@ohtapub.co.jp

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年07月15日号
2024年07月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 ホテリエの賃金実態調査 2024
【TOP RUNNER】
(株)ミリアルリゾートホテルズ 代表取締役副社長 東京ディ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE