ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 平尾彰士  出会いの不思議な力~人生を変える出会いは誰にでもある~ 第9回「ウエスティンホテルの歴史」
第9回 平尾彰士  出会いの不思議な力~人生を変える出会いは誰にでもある~

第9回「ウエスティンホテルの歴史」

【週刊ホテルレストラン2016年07月01日号】
2016年07月01日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平尾彰士(ひらお・あきお)
1940 年2 月6 日生まれ。67 年11 月、サンフランシスコ都ホテル副支配人就任。70 年6 月、東京にウェスティンホテルのセールス事務所設立。リージョナル・セールス・マネージャー就任。85 年9 月、ウェスティンホテル&リゾート、アジア地区セールスオフィス副社長就任。2001 年1 月、スターウッドホテル&リゾート、日本・韓国・グアム地区統括社長就任。06 年4 月、日本スターウッドホテル㈱会長就任。同12 月、同社定年退職。08 年4 月、立教大学観光学部特任教授。10 年3 月、立教大学退職。現在ヒラオアソシエイツ代表。

ビジネスの多くの成功者が、年を重ねて思うことがある。「今の自分があるのは、あの時、あの出会いがあったからだ」と。日本人で初めて、スターウッドホテル&リゾート日本・韓国・グアム地区社長に就任した平尾彰士氏。本連載を通して、平尾氏が経験したことをもとに、次世代の経営者や若いホテリエにメッセージを伝えていく。

 
飛躍的な発展時代(1970 年代)
 第二次世界大戦後パンアメリカン航空が世界各地にインターコンチネンタルホテルをオープンし、1967 年にTWAがヒルトンからヒルトンインターナショナルを買収したことから米国の航空会社は1960 年代後半ごろから航空会社によるホテル業界参入を真剣に考え始めた。ユナイテッド航空も例外ではなく、適当な大きさのホテル会社を買収する方向でそのパートナーとなるべき相手を探していた。ユナイテッド航空網の78%の都市をカバーしているウエスタンインターナショナルがその最適な相手として認知され、秘密裏に交渉が始まった。その結果、1970 年7 月ユナイテッド航空は持ち株会社UAL Inc. を設立してウエスタンインターナショナルはその子会社になるがホテル本社はシアトルに残り、完全な独立性を維持できたことは素晴らしい決断だと思う。同時にユナイテッド航空、ハーツレンタカー、ユナイテッドバケーションもそれぞれ持ち株会社の子会社として再編された。

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月09日号
2022年12月09日号
本体1,650円(税込)
【特集】デスティネーション京都
【トップインタビュー】
京都府知事 西脇 隆俊氏 /トップインタビュー 京都市長 門…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE