ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 岡村衡一郎  サービス・イノベーション 48手 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~ 030 一つ外側の「問い」を持つ
030 岡村衡一郎  サービス・イノベーション 48手 ~現場と本部が一体で進めるイノベーション~

030 一つ外側の「問い」を持つ

【週刊ホテルレストラン2017年02月03日号】
2017年02月03日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変化に追われるリーダーのための実践的イノベーションメソッドとして、ホテル業の事例にとどまらず、多く企業変革の現場から生まれた「チェンジング・メソッド」48 種を紹介します。
 
今回のポイント
利害を守るためと他部署の仲間を攻撃する不条理
若手のこうした嘆きが近未来の希望につながる

Profile
岡村衡一郎       
(おかむら・こういちろう)
1971 年生まれ。亜細亜大学卒。㈱船井総合研究所を経て、2004 年㈱スコラ・コンサルト入社。120 社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人がイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30 代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

「商品部は、現実が分かっていない」と鈴木部長。「営業は、お客さまの言いなりだ」と山田部長。夜の会合でもある居酒屋では定番の討論ネタだ。日中の会議では調整し合って両部長が面と向かって戦うことはない。後輩の田中さんにとって影の衝突はやっかいな出来事だ。実務を調整するのは現場だし、ムダな仕事も増える。部長には、かっこよく仕事をまとめてほしいものである。
 
 現場社員から見れば二人の部長は若手社員のあこがれの対象だった。30 代のころ二人とは日本一を目指して何をするのかをよく話し合っていた。今の二人はベクトルが下向きにあることに気づいていない。二人の中心にある問いとは何か。営業部が数値を上げるためには、商品部がブランドを守るためには、といった視座は正しいように見えるが実は部門最適になっている。

週刊ホテルレストラン最新号
2022年12月09日号
2022年12月09日号
本体1,650円(税込)
【特集】デスティネーション京都
【トップインタビュー】
京都府知事 西脇 隆俊氏 /トップインタビュー 京都市長 門…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE