ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • SHOKO GRAVITY 真の国際化を問う 連載15 キューバから学ぶ
連載15 SHOKO GRAVITY 真の国際化を問う

連載15 キューバから学ぶ

【週刊ホテルレストラン2017年11月17日号】
2017年11月17日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SHOKO
〈プロフィール〉
NY 在住 江戸川大学客員教授
慶應義塾大学大学院卒法学修士 感性学研究者米国IFDA Chairman・SHOKONEWYORK 代表日本での大学生時代、東宮御所内にて当時の侍従長令夫人黒木氏に、皇族の礼儀作法と日本のお花を学ぶ。渡米して28 年。米国IFDA〈Established1993〉は、NY(US)所在。WPP/WMP 他資格発行機関(URL:http//www.ifda/info/)資格取得者4900 名。アメリカを拠点に活動。企業再生コンテンツ導入、企業コンサル、および教育コンテンツ事業を日本IFDA 本部で展開している。2016 年春からNY 研修を実施しているアカデミックな江戸川大学情報文化学科に招致され、客員教授として「感性学」の特別講義などを実施。25 年前に「フローラルデザイン理論」を世界で初めて発表。その後、お花をツールとした分析調査をし、「感性」学術研究の第一人者である。
日本問い合わせ先:honbu@sfds.co.jp
(URL:http//www.sfds.co.jp/

キューバから学ぶ

 ラテンアメリカの政治はわたくしの大学時代の研究テーマでした。遠い昔のことです。
 そして、そのころのキューバは、民主主義日本とは思想もちがう独裁国だったため、ある種の恐怖も抱き、遠く感じていた国でした。
 2015 年4 月オバマ大統領がラウスカストロ国家評議会議長と会談し、半世紀ぶりに国交回復が実現するということは、国際政治にとっては夢のような出来事だったのです。
 人々の暮らしはどうなっているのだろうかと、学生の頃を思い出しながら、この夏ヨーロッパ経由でNY に入る前に、キューバに寄ることとしました。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年12月08日号
2017年12月08日号
本体1,600円(税込)
【特集】ホテルスパ 組織を強くする人材戦略 ~人材難の時代を乗り越え…
【トップインタビュー】
The Small Maldives Island Co. CEO & Curator マーク・ヘア …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE