ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 佐々木 正二  我が身を救う人づくり 第三十一話  目的は結果 目標は貴方が教示
第三十一話 佐々木 正二  我が身を救う人づくり

第三十一話  目的は結果 目標は貴方が教示

【週刊ホテルレストラン2017年12月15日号】
2017年12月12日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社AKiBA ミックス
クリエイト ソリューション
代表取締役 佐々木 正二


 新年を迎えるときあるいは、年度初めに目的や目標を持って1 年やりきろうと気合の入った豊富を述べることがあります。年始めはかなり意気込むものです。それもそのはず一年のはじまりですから、子どもから大人まで志も大きくより良いスタートとなりますよう願います。しかし中身が定まっていないときから安易に用いられる言葉でもあります。本来何を目指すものなのでしょう。

 目的=到達することに対して、目標=目的に至る指標を伝えています。日本国民の大半は目的と目標を誓いの言葉として用いることもあります。また先輩あるいは上長が、後輩や部下に対して激励の言葉とし活用することも多いようです。事実この言葉にはもっと意味が深いところにあるような気がします。人を(部下)を励ましながら自らも調子を上げ意識改革を図るいわば、カツを入れるための活用言葉とも言えるでしょう。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年06月15日号
2018年06月15日号
本体1,600円(税込)
【特集】朝食で選ばれるホテルになる
【トップインタビュー】
カトープレジャーグループ 代表取締役 兼 CEO 加藤 友康 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE