ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • レジャー産業研究会グループ8 ∞“Boys be ambitious”∞ ~少年よ、尽きることなく限ることなく大志を抱け~ 連載 ③ 『良い“あそび”、良い体験』をすることは サービス業に携わる者にとって重要なこと
連載 ③ レジャー産業研究会グループ8 ∞“Boys be ambitious”∞ ~少年よ、尽きることなく限ることなく大志を抱け~

連載 ③ 『良い“あそび”、良い体験』をすることは サービス業に携わる者にとって重要なこと

【週刊ホテルレストラン2018年04月20日号】
2018年04月20日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▶最近ではベンチャー企業では運動会など家族も招いたイベントを行なっているところがありますが、一般的な企業ではあまり見かけられなくなりました。とても大切なことです。
 
『良い“あそび”、良い体験』をすることはサービス業に携わる者にとって重要なことです。山梨学院大学の教授をしていたときのゼミでは“世界の街・Tokyo へ行こう!”と、ゼミ生に東京体験のツアーを行ないました。観光客でにぎわっている週末ではなくあえて平日に実施しました。交通費は高速バスで往復2000円ほどです。ホテルに宿泊代はグループ8 の会員の協力を得、学生価格で一流ホテルの宿泊と料理を用意いただきましたので、学生の負担も少なく実施することができたのです。平日は週末と異なり、東京はビジネスパーソンが行き交い、歩く速度も速いです。忙しく駆け回っている姿は地元では見ることはできません。遊びながら未知なことを大いに体験すること、常に自身で心掛けて取り組んでいくことがサービスマンとして人間としてより成長していくのだと思います。
 
▶特にサービスマンはお客さまが望まれていることを知り、それ以上のサービスを提供していかなければ顧客満足を得ることはできません。そのためにもさまざまなことを知ること、体験することは、ますます多様化、国際化する中で欠かせないことですね。
 
 京都ではよく“一見さんお断り”というお店が多いと言われています。これはよそ者を排除するという意味ではなく、お客さまにお客さまの期待を超えるサービスをしなければならないという精神から生まれたものです。まずは相手を知るためにはその方を知っている紹介者なくして招き入れることはできないのです。紹介者から初対面の方のことを、どのような人なのか、どのような嗜好なのかなどをお聞きし、相手を十分理解した上で、期待を超えるお料理やサービスを提供しているのです。相手を知ることはとても大切なことなのです。グループ8 ではレジャー産業にかかわるさまざまな業種の方が集まっています。通常の業務では出会うことがないながらも、ホテルにおいては欠かせない存在の方々です。肩書ではなくまずは胸襟を開き、家族のように、兄姉のように接することです。親しくなることもコミュニケーション能力を高めていくために必要なことなのです。
 
▶おっしゃる通りですね。インターネットやSNS の情報だけでは分からなこと、つかめないことが多々あります。
 
 まずは同じ人間同士、会話することですね。そうすることで世の中にはさまざまな人がいて、さまざまな価値観を持っていること、地域や出身のお国によってちがうことを学びます。以前、ロンドンへ行ったときのことです。お店の入口に「バギーお断り」の看板が掲げられていました。つまり小さなお子様を連れた方はお店にはいれませんよ、ということです。するとバギーを持った二人のお母さんがお店をのぞき“私たちはどちらへ行けばよろしいでしょうか?”と尋ねたのです。するとスタッフはバギーが可能なお店を親切に教えていました。ところが日本のあるホテルでは同様にお子様連れをお断りするために一線を引いていたのですが“空いているのになぜだめなのか?”とか“ほかの方がいらしたらどきます”という具合に、何とかして座ろうとしていました。ホテルがなぜそうしているのかを理解できていないとともに自分の立場をわきまえていない方や、ホテル側もそのような方のためにサジェッションできるものを用意するきめ細かな配慮に欠けていたということです。このように類似する事柄でもお国により考え方がちがうことなども、実際に海外に足を運ばなければ気づかないわけです。これからますます日本はグローバル化します。だからこそ、もっともっと視野を広げていい遊び、「良い“あそび”、良い体験」をすることをお勧めします。最後に私のモットーは“食べ物は身体の栄養、知識は脳みその栄養、教養は心の栄養”そして“若者たちが「人材」から「人財」に”“育つ・成長する!”を応援するです。グループ8も次世代のために胸襟を開きます。大いにチャレンジ精神を持って飛び込んできてください。お待ちしております。
 
お問い合わせ先
㈱オータパブリケイションズ
URL:http://www.ohtapub.co.jp 担当:丸山/山下
 
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年12月14日号
2018年12月14日号
本体1,600円(税込)
【特集】特集Ⅰ SAKE UNIVERSE 日本の味に、世界が夢中になる 特集Ⅱ…
【トップインタビュー】
ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グル…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
島田 律子  伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第七回  (株)横浜君嶋屋 売れるか売れないかではなく「飲み続けられる酒」を基準に選ぶ
島田 律子  伝統は“守る”のではなく“創る”もの 
トリップアドバイザー(株)  トリップアドバイザー「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表!
トリップアドバイザー(株) 
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 連載⑮ 資産の総合管理(アセットマネジメント)
桐明幸弘 大山美和 「旅館の事業承継と地方創生について」 ~地域一体再生のご提案~ 
伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第八回 島田律子氏 × ㈱横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至氏
伝統は“守る”のではなく“創る”もの 第八回 島田律子氏 × ㈱横浜君嶋屋 代表取締役 君嶋哲至氏
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
2018年12月14日号  トップインタビュー ハイアット ホテルズ コーポレーション アジア太平洋地区 グループプレジデント デイビッド・ユデル氏、 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄 総支配人 野口 弘子氏 
CLOSE