ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • バルニバービ 佐藤 裕久 『それでもなお一杯のカフェの力を信じますか?』 第二十回  第二部『バルニバービの開発する物件のケーススタディ』 店舗取得のケース4 ― 練馬区豊玉って知っていますか?
第二十回 バルニバービ 佐藤 裕久 『それでもなお一杯のカフェの力を信じますか?』

第二十回  第二部『バルニバービの開発する物件のケーススタディ』 店舗取得のケース4 ― 練馬区豊玉って知っていますか?

【週刊ホテルレストラン2018年05月18日号】
2018年05月18日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤 裕久 Hirohisa Sato
Profile 京都市上京区生まれ。神戸市外国語大学英米語学科中退、アパレル会社で出店計画事業などに従事後、1991 年有限会社バルニバービ総合研究所設立、代表取締役に就任。98 年㈱バルニバービに組織変更。現在、東京・大阪をはじめ全国に96 店舗(2018 年4 月末時点)のレストラン・カフェやスイーツショップを展開。著書に『一杯のカフェの力を信じますか?』(河出書房新社)、『日本一カフェで街を変える男』(グラフ社)がある

“ 出店” にあるイメージ
 
僕には思い描いていることがあります。繰り返し書いていることですが、売り上げや店舗数にわれわれの目的はありません。しかし違った視点から東京23 区全部に店を出すというのはイメージしてきました。現在一番店舗数が多い千代田区から港区、渋谷区、新宿区、台東区、足立区、文京区、豊島区、墨田区、中野区、練馬区、そしてこの秋開店予定の中央区の12 区に店を構えています。これでやっと半分(笑)。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年09月21日号
2018年09月21日号
本体1,600円(税込)
【特集】マカオの統合型リゾートを支える日本人
【トップインタビュー】
城山観光㈱ SHIROYAMA HOTEL kagoshima 代表取締役社長 東 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE