ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 酒のSP 2018 サントリー ザ・カクテルアワード BAR エルロンの澁谷暁典氏が受賞
酒のSP 

2018 サントリー ザ・カクテルアワード BAR エルロンの澁谷暁典氏が受賞

【週刊ホテルレストラン2018年11月09日号】
2018年11月09日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カクテルアワード 2018 に選出された「紫翠」をシェークする澁谷氏
カクテルアワード 2018 に選出された「紫翠」をシェークする澁谷氏

過去最多、3000 の応募から12 作品
をノミネート
 
 サントリースピリッツ㈱は、「2018 サントリー ザ・カクテルアワード」(以下、ザ・カクテルアワード)のファイナル(最終選考会)を東京・六本木のグランドハイアット東京で9 月27 日に開催。最も優れた作品「カクテルアワード2018」にはBAR エルロン(東京・銀座)の澁谷暁典氏の作品「紫しすい翠」が選ばれた。サントリー ザ・カクテルアワードはプロのバーテンダーがカクテルの創造性と技術を競い、その年の最高峰のカクテルとして「カクテルアワード」を決定するもの。1994 年から毎年実施されており、今日では数多くのカクテルコンペティションが行なわれている中でメーカー主催コンペティションとしてもっとも歴史ある大会だ。
 
 今年の募集部門は「ショートカクテル部門」「ロングカクテル部門」の2部門で、ジャパニーズクラフトジン「ROKU」、テキーラ「サウザ ブルー」「サウザブルー レポサド」「サウザ スリージェネレーション プラタ」、ウオツカ「ピナクル ウオツカ」、クラフトバーボン「メーカーズマーク」「メーカーズマーク46」のいずれかを20㎖以上使用することを課題とした。今大会では過去最多の約3000作品の応募があり、8 月の書類審査、9月には応募したバーテンダー本人による試作審査を経て、ファイナルにはショート、ロングそれぞれ6 作品ずつがノミネートされた。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月16日号
2018年11月16日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE