ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 酒のSP  コート・デュ・ローヌの2 ブランド 国分が「メゾン ドゥニュジエール」「ドメーヌ サン パトリス」を発売
酒のSP

コート・デュ・ローヌの2 ブランド 国分が「メゾン ドゥニュジエール」「ドメーヌ サン パトリス」を発売

【週刊ホテルレストラン2018年12月07日号】
2018年12月07日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来日した栽培・醸造責任者のサミュエル・モンジェルモン氏(左)とアラン・デュカスグループのシェフソムリエ、ジェラール・マルジョン氏( 右)。それぞれ、ワイン造りの哲学やマリアージュの意図などを解説した

 
 メゾン・ドゥニュジエールとドメーヌ・サン・パトリスはどちらも1951 年創業のフランスのピカール・ヴァン&スピリッツ社傘下のワイン部門、プリマ・ヴィナエ社に属するメゾン。メゾン・ドゥニュジエールは1876 年にコンドリューの地で「ヴァン・パレ」の名称で創設され、ローヌ・ヴァレーで最も古い歴史を持つ。1940 年代にピエール・ドゥニュジエールが継承して現名称に変更。今日ではコンドリューで1ha、コルナスで1.5haの畑を所有して北ローヌの最高品質を求めたワイン造りを推進している。ローヌ川の南東・南西向き、日当たりの良い花崗岩質土壌の丘陵地で成熟度の高いブドウが育つ。手摘みで収穫したブドウは区画ごとに分けて醸造、マセレーションには3 ~ 5 週間をかけ、澱とともに熟成させる。テロワールとブドウの特性の表れた、塩味とミネラル感のあるワインを造る。
 
 ドメーヌ・サン・パトリスの設立は2009 年だが、そのルーツは17 世紀にさかのぼる。アイルランド人のJean DEPOWER の名をクロ サン パトリスの始まりとして、1838 年にシャトーヌフ デュ パプ最高の畑の一つとして、1920 年には同地最古のクリュとして知られる。20ha の畑を所有しており、“クロ サンパトリス” の畑1.8ha は、シャトーヌフデュ パプ村の中心に位置している。小さな珪石で覆われた表面に、粘土や砂質に富んだ土壌が特徴だ。環境を尊重した栽培を行ない、醸造にも技術的な介入をしない。卵型のタンクと4㎘のオーク樽による熟成の後、瓶詰後もセラーで1 年から1 年半熟成する。
 
 発売されたのはメゾン ドゥニュジエールから「コンドリュー」「コート デュローヌ」「クローズ エルミタージュ」「コート ロティ」、ドメーヌ サン パトリスからは「シャトーヌフ デュ パプ」と「クロサン パトリス シャトーヌフ デュ パプ モノポール」。この日はマルジョン氏がプロデュースし、特性の異なるワイン2品に料理一皿を合わせる難易度の高いマリアージュが披露された。
 
 関係者が「異次元のコート デュ ローヌ」と自信をもって推す2 ブランド。ブルゴーニュ出身のマルジョン氏も「ピノノワールを思わせるような香り立ち」と評するクロ サン パトリスなど、ゲストへの新たな体験を提供できるワインに注目してみてはどうか。

この日提供された料理はこの3 皿とデセール。上から「「真鯛のマリネ グレッグ」はコンドリューとコートデュローヌという白、赤異なるワインとのマリアージュ。「半熟卵とフランス産キノコ」はクローズ エルミタージュとコート ロティという対照的なテロワールに、卵料理という難易度の高い顔合わせ。「仔鴨胸肉のロティ オレンジ風味」は二つの異なるシャトーヌフ デュ パプに合わせて、ドメーヌ サン パトリスとクロ サン パトリスの違いを明確にして見せた

 
----
メゾン・ドゥニュジエール クローズ エルミタージュ
紫色がかった深いルビー色。黒スグリやブルーベリー、白コショウの力強い香り。なめらかな口当たりに複雑な味わい。木樽由来のトーストを感じるフィニッシュ。
 
マルジョン氏「岩の多い土壌から育ったシラーの果実味、酸味、タンニンのバランスが良い」
 
品種: シラー100%  希望小売価格: 4000 円

 
メゾン・ドゥニュジエール コート・ロティ
 
 紫がかった鮮やかなガーネット。ブラックベリーやスパイス、トーストの複雑で上品な香り。シルキーなタンニンと、スパイスを感じるフィニッシュ。
 
モンジェルモン氏「2014 年は雨がちでワイナリーと醸造家のフィロソフィーが試された年のまさに“ 辛抱のワイン”。品種: 4 区画のシラー100%
希望小売価格:1 万2000 円

 
ドメーヌ・サン・パトリス シャトーヌフ デュ パプ
 
 深いルビー色。熟したイチゴ、チェリー、ブラックベリーの華やかな香り。黒い果実のアロマと樽香にスパイシーな味わい。余韻も長い。マルジョン氏「まとまり、繊細さ、香りが長く続く。テロワールが絶妙に表現されている」
品種: グルナッシュ、シラー、ムールヴェードル
希望小売価格:1 万2000 円
 
クロ・サン・パトリス  シャトーヌフ デュ パプ モノポール
 鮮やかなルビー色。さわやかな果実味と複雑さ、繊細さを併せ持ったバランスのとれた味わい。マルジョン氏「色味はピノノワールのよう。ビッグなワインのポテンシャルを存分に感じる。石灰質のミネラル感が大いに表現されている」
 
品種:グルナッシュ、ムールヴェードル
希望小売価格:2 万5000 円

 
メゾン・ドゥニュジエール コンドリュー
 緑がかった輝く黄金色。白いユリの花、アプリコットや熟した桃の芳香が広がる。軽やかなバターの風味が感じられ、余韻も長く楽しめる。マルジョン氏「ジュニパーベリーやピンクペッパーといったスパイスも感じられる。凛とした際立つものを持っている」
 
品種: ヴィオニエ100%
希望小売価格1 万2000 円(価格はすべて税別)

 
メゾン・ドゥニュジエール コート デュ ローヌ
 
 深いルビーレッド。黒い果実の香りとスパイスのニュアンスに、トーストの香りも感じられる。良質なタンニン、複雑な味わいとフィニッシュには甘草やクローブのスパイシーさが印象的。
 
マルジョン氏「サクランボを感じる中にスパイシーさがワインにさわやかさをもたらしている」
品種: シラー主体  希望小売価格2500 円

週刊ホテルレストラン最新号
2020年10月23日号
2020年10月23日号
本体1,650円(税込)
【特集】HOTELサバイブ<飲食>
【トップインタビュー】
MEMU EARTH HOTEL 代表取締役 野村 昌広 氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE