ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 伊藤 淳  いよいよ到来! ホテルウエディング復活のとき! 「ここが変われば、ホテルウエディングは必ず再生する」  第49 回  ウエディング組織の特徴は「女性が活躍する組織」であること
第49 回 伊藤 淳  いよいよ到来! ホテルウエディング復活のとき! 「ここが変われば、ホテルウエディングは必ず再生する」 

第49 回  ウエディング組織の特徴は「女性が活躍する組織」であること

【週刊ホテルレストラン2018年12月14日号】
2018年12月14日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伊藤 淳 氏
クラリス ウエディング ブランドエグゼクティブ/クラリス ウエディングプランナースクール校長/クラリス ウエディングプランナー研究所所長
〈プロフィール〉1997 年より㈱リクルートのゼクシィ事業部に8 年間在籍。ゼクシィ「茨城・栃木・群馬版」の立ち上げ責任者を経て、ホテルウェディンググループゼネラルマネージャーに就任。2005年退職し、「クラリスウェディングプランナースクール」を創設、第一線で活躍できるウエディングプランナーの育成に携わる。07 年に㈱リクルートと共同で現役プランナー向け研修を生み出し、ウエディングの打ち合わせオペレーションの改革を提唱する「明日からウエディング」を考案。さらにプランナーだけにとどまらず、ウエディング業界全体の活性化のためジュエリー業界のスタッフや現場キャプテンのトレーニングにも力を注いでいる。

 
 来年で平成も幕を閉じることを想うと感慨深いものを感じます。ついこの間まで「平成生まれ」を新鮮に感じていたことを考えると、「平成生まれ」もなんだか旧人のような感じがするのも不思議なものです。
 
 さて今回はホテルウエディングにおける強い組織について考えてみたいと思います。すべてではありませんが、ホテルのウエディング組織は少し「活気」が足りないように感じます。ウエディング組織の特徴は「女性が活躍する組織」であることです。そのような環境下で、ホテルの「サービス」や「セールス」畑で経験を積まれた管理職の方が、ウエディングの管理職になられた場合、マネジメントに苦労されることが多いことです。おそらく男性を中心とした組織から女性中心の組織に変わる中で、マネジメント手法が分からず戸惑うことが多いのではないでしょうか。

週刊ホテルレストラン最新号
2019年07月19日号
2019年07月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】“負けない”宿泊主体型ホテルは何が違うのか?
【トップインタビュー】
(株)ジェイアール東海ホテルズ 常務取締役 名古屋マリオッ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE