ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 濱野紹央子  多様な価値観の時代を迎えて ~新しい時代へ即した自己投資を~ 連載13 ヒューマンプロトコール
連載13 濱野紹央子  多様な価値観の時代を迎えて ~新しい時代へ即した自己投資を~ 

連載13 ヒューマンプロトコール

【週刊ホテルレストラン2019年01月18日号】
2019年01月18日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019 年の新春を寿(ことほ)ぎ、日本人にとって平成から新しい年号の時代へと大きな節目の年を迎えるにあたり、平和で心穏やかな発展の年になることを多くの日本人が心から願ったことと思います。そのためにも自信を持って生きて行くための知恵とは何でしょう。

(株)スティルサンク
代表取締役 濱野 紹央子

〈プロフィール〉幼い頃から華道、茶道、能に親しみ日本の最高のおもてなし文化を身につけながら育つ。大学在学中には皇太子殿下(現天皇陛下)が名誉総裁を務められた団体より日本の代表として全米を訪問し 日本の文化を伝えるとともに欧米の文化を学び帰国。自身の結婚式の時に全てをセルフプロデュースしたことをきっかけに、日本国内はもとより欧米での研修・視察・資格取得を重ね、欧米スタイルの独立型ブライダルコンサルタントのパイオニアとして活躍。名門ホテルのブライダル再生事業や企業コンサルティング、講演活動、個人客のウェディングプロデュースなど数多く手がけている。最近では国土交通省観光庁「産学連携による観光産業の中核人材育成・強化事業」の「ホスピタリティ産業における女性の活躍と組織づくり講座」におけるカリキュラム検討委員を務める。

 
 年齢を重ねると年々月日の経つのが早いとは昔からよく言われていたことです。ところが最近では若い人の口からも毎日のように、そのような言葉を聞くことが多くなり去年の暮れにかけてとても驚いたことのひとつでした。
 
 2019 年は平成時代から年号も新しくなり、皇太子殿下が新たな天皇に即位され、たくさんの行事が執り行なわれる大きな節目の年となります。そのように特別な一年を迎え昨年以上にまたたく間に一年が過ぎるだろうことを予測するとき、一日一日を丁寧に紡いで過ごすことを意識しないと、気が付いたらもう年の瀬、ということになりかねないと心しておくことも大切なことかもしれません。
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年04月19日号
2019年04月19日号
本体1,600円(税込)
【特集】2018年 全国 都市の客室・定員稼働率および15エリアの客室指標
【トップインタビュー】
ヒルトン名古屋 総支配人 フィリックス・ブッシュ氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE