ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 北村剛史  新しい視点「ホテルの価値」向上理論  ホテルのシステム思考  第362回 『アジア訪日観光客のペルソナ解析(中国、香港、台湾)』
第362回 北村剛史  新しい視点「ホテルの価値」向上理論  ホテルのシステム思考 

第362回 『アジア訪日観光客のペルソナ解析(中国、香港、台湾)』

【週刊ホテルレストラン2019年07月26日号】
2019年07月26日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 はじめに中国人のライフステージを調べてみますと、「子供が欲しい」が27.85 ポイントと高く、「デート」が23.9 ポイント、「子育て」が23.2 ポイント、「結婚している」が19.91 ポイントという結果でした。興味先では「ショッピング」が40.49 ポイントと非常に高く、感情分析では「楽観的」が32.1 ポイント、「恋愛中」が24.95ポイント、「ストレス」が22.4 ポイントという結果でした。
 
人生のハードルでは、「年齢に伴う健康問題」が26.24 ポイントと高く、「恋愛問題」が20.88、「心理的問題」が18.48 ポイントという結果でした。ショッピングに関する興味では、「宝石店」が32.17 ポイントと非常に高く、次いで「電化製品店」が29.46 ポイント、「本屋」が28.98 ポイント、「家具店」が28.84 ポイント、「ショッピングセンター、モール」が27.61 ポイント、「おもちゃ店」が26.51ポイント、「眼鏡店」が26.64 ポイント、「アパレル店」が25.91ポイントと上記興味先でご紹介しました「ショッピング」が40.49ポイントと高いことと関連し、さまざまな分野に及んでいることがうかがえます。ブランドに関しては、「メークアップやコスメティック」が28.06 ポイント、「ヘアケア」が24.9 ポイントという結果でした。食事に関しては、「ピザ」が22.42 ポイント、「ファストフード」が22.15 ポイント、「ビュッフェレストラン」が21.64 ポイント、「中華」が21.52 ポイント、「日本料理」が22.09 ポイントという結果でした。
 
運動に関しては、「武道」が29.46 ポイントと感心が高く、「体重減量」が29.18 ポイント、「サイクリング」が28.4 ポイント、「フィットネス」が20.14 ポイント、「ヨガ」が19.25 ポイントという結果でした。健康問題では、「性病に関する懸念」が29.27 ポイント、「ガンを心配」が22.06 ポイント、「薬に興味」が19.72 ポイント等さまざまな健康面で心理的ストレスを抱えている傾向がうかがえました。旅行形態では、「クルーズ」が35.05ポイントと非常に高く、「アドベンチャー旅行」が30.55 ポイント、「海外旅行」が25.92 ポイント、「ラグジュアリー旅行」が23.1 ポイントという結果でした。情報源に関しては、「ソーシャルメディア」が30.95 ポイントと非常に高く、「雑誌」が29.25 ポイント、「アプリ」が29.51 ポイント、「ウェブサイト」が25.15 ポイントという結果でした。
 
 次いで香港からの観光客に関して同様に調べてみますと、まずライフステージについては、中国本土からの訪日観光客のような傾向は見られず、さまざまな属性を有するという結果でした。ファイナンス状況については、「教育に関するファイナンス」に興味を示しており13.79 ポイント、その他興味先では、「ショッピング」が中国からの観光客より低く10.75 ポイントという結果でした。感情に関しても特に傾向は見られませんでした。ショッピングに関する興味では「アパレル店」が23.76 ポイントという結果でした。美容関係では「オーガニック製品」が14.11 ポイント、「アンチエイジング、スキンケア」が11.99 ポイントという結果でした。その他消費関係では、「ヘアケア」が14.29 ポイント、「スパ&サロン」が12.94 ポイント、食事に関しては「ダイエット製品」が16.13 ポイント、「タイ料理」16.07 ポイント、運動では、「ハイキング」が11.95 ポイント、「体重減量」が11.5 ポイント、健康問題では、「トリートメント&医薬品」が15.54 ポイントでした。職業では、エグゼクティブマネージャーが13.8 ポイントであり、業種では「コンサルティング」が20.59 ポイント、「エナジー関係」が13.91 ポイントでした。その他では「環境配慮、サステナビリティ」が18.32 ポイント、「シネマ」が17.29 ポイント、「ナイトクラブ&バー」が16.97 ポイントという結果でした。
 
 最後に台湾からの訪日観光客についても同様に調べてみますと、まずライフステージについては、「シングルでデート」が13.29 ポイントという結果でした。興味先では、「知的好奇心」が25.84 ポイントと高く、次いで「ショッピング」が19.12 ポイントでした。感情に関しては、「ストレス」がそれほど高くなく、8.52ポイントという結果でした。ショッピングに関する興味では「眼鏡店」が21.52 ポイント、「本屋」が17.34 ポイント、「リキュールショップ」が12.98 ポイントという結果でした。食事に関しては「シリアル類」が19.32 ポイント、「ヨーロッパ料理」が13.25 ポイント、「カフェ&ベーカリー」が12.86 ポイント、「ノンアルコールドリンク」が11.41 ポイント、「ベジタリアン料理」が7.45 ポイントという結果でした。運動では、「フィットネス」が29.07 ポイントと高く、次いで「ランニング」が20.17 ポイント、「サイクリング」が18.53 ポイントという結果でした。健康問題では、「悲観的ボディーイメージ」が17.56 ポイント、「トリートメント&医薬品」が13.1 ポイントでした。職業では、「エグゼクティブマネージャー」が15.24 ポイントであり、業種では「事務用品サプライヤー」が17.94 ポイント、「オイル&ガス」が17.78 ポイントという結果でした。その他興味では「世界ニュースに敏感」が19.03 ポイント、「ダンス」が13.48 ポイント、「ブログ」が11.09 ポイントでした。
 
 このようにして、訪日観光客の中でも中国、香港、台湾をサンプルにそれぞれのペルソナを抽出してみてみますと、中国からの訪日観光客については、恋愛関係あるいは結婚しており、子供がほしい、あるいはお子さんが同伴している人で、ショッピングに大変興味を有している状況がうかがえます。ショッピング対象はさまざまであり、また健康的に懸念事項を抱えている方が多いことから、大きな薬局等が宿泊施設の近くにあると優位である可能性があります。また食事では減量を考えている方が多いため、それらに留意した食事提供も考えておく必要がありそうです。また香港からの観光客では、ショッピングではアパレル関係に興味があり、「トリートメント&医薬品」に興味を示している様子がうかがえます。また環境配慮やサステナビリティというコンセプトに共感しやすい方が多いようです。その他ナイトクラブやバーにも興味を示していることから、バー機能があれば優位かもしれません。最後に台湾からの訪日観光客については、ややデート目的が多く、知的好奇心が旺盛であり、ブティックホテル、あるいは体験型観光に訴求力があるようです。ヘルスケアでは、フィットネスを求める方が多くみられるほか、世界的ニュースに敏感であるという特徴も見られました。

週刊ホテルレストラン最新号
2020年07月24日号
2020年07月24日号
本体1,650円(税込)
【特集】“withコロナ”時代を生きる外食産業の店舗運営と展望
【トップインタビュー】
クージュー(株)代表取締役 CEO/ EGGS 'N THINGS JAPAN(株…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE