ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2023年1月6-13日号 新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考
2023年1月6-13日号 新しい視点「ホテルの価値」向上理論 ホテルのシステム思考

第518回 地域の伝統文化を守り繋げ、顧客に伝達する意義

【月刊HOTERES 2023年01月号】
2023年01月12日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポスト(ウィズ)コロナ時代における顧客ニーズ変化とそれに対する運営上の対応策を考えてみますと、その結果浮かび上がるのが SDGsであるという点をご紹介したいと思います。弊会、サクラクオリティでは、「サクラクオリティグリーン」基準を開発し、持続可能な環境市場を目した基準研究機関である「米国GSTC(Global Sustainable Tourism Councilの略)」より国際基準として基準承認を受けることとなりました。実は、弊会の上記基準は、ポスト(ウィズ)コロナ時代において新たな市場、新顧客ニーズとなるであろう「文化体験」の提供こそが大変重要な運営戦略と考え、サクラクオリティ加盟施設に情報連携をしようと運営視点を整理しました。それが 172項目の運営視点となったのです。俯瞰してそられ基準を見直しますと、それらが持続可能な社会を実現する 17ゴールである SDGsに対応していると気づき、国際基準として基準承認申請したのが経緯だったのです。

北村剛史 

(株)日本ホテルアプレイザル 代表取締役/(株)サクラクオリティマネジメント 代表取締役/(一社)観光品質認証協会 統括理事不動産鑑定士、MAI(米国不動産鑑定士)、FRICS(英国ロイヤル・チャータード・サベイヤーズ協会フェロー)、CRE(米国不動産カウンセラー)

ホテル・旅館の不動産鑑定評価会社である(株)日本ホテルアプレイザルの代表取締役。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科在籍時には「ホテル・旅館の人格性、パーソナリティー」をテーマに研究。

無料提供中:【サクラクオリティ安全行動基準】(新型コロナウイルス感染症予防止よび防止防止衛生管理実践マニュアル)
https://www.sakuraquality.com/

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年06月15日号
2024年06月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【TOP RUNNER】
オリオンホテル(株) オリオンホテル 那覇 取締役 総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE