ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • NTT西日本を中心に11社が福井・三国湊で町家ホテル・レストラン事業計画を公表
NTT西日本

NTT西日本を中心に11社が福井・三国湊で町家ホテル・レストラン事業計画を公表

2023年02月03日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西日本電信電話株式会社(以下「NTT西日本」)はじめとした計11社は、共同出資を行ない、福井県坂井市三国湊エリアのまちづくりを推進する「株式会社Actibaseふくい」を設立し、NTT西日本の旧局舎と町家を宿泊施設・レストランとすることで福井県坂井市三国湊エリアにおいて地域活性化に資する事業を開始すると公表した。
 


 同プロジェクトでは三国湊の伝統的な建築「かぐら建て町家」や象徴的な素材「笏谷石(しゃくだにいし)」を活用した、分散・滞在型宿泊施設(10棟18室)を創設し、料飲事業と合わせ、まち全体をひとつの宿に見立てたオーベルジュとしての確立を目指す。
 ​


 また、世界トップシェフたちが認める北陸、日本海の食材の魅力を最大限発揮すべく、「メゾン タテル ヨシノ」はじめ国内各地で複数のレストランをプロデュースしている吉野建氏をパートナーに迎え、福井県および三国湊の食材を活用した料理を提供する。

 

吉野 建 氏
吉野 建 氏

 同プロジェクトは年々加速する人口減少や少子高齢化等により地域経済の縮小が予見される中において、NTT西日本が、西日本30府県域で地域事情に即した地域活性化活動(地域のビタミン活動)を展開しており、ICTを活用した課題解決、および持続的で自立可能な「地域循環型モデル」の創出に取り組んでいる一環の活動の中の一つとなる。

 観光客の誘致のみならず、二次交通の充実や、局所的なオーバーツーリズムとそれに伴う住民の満足度低下など、さまざまな課題が発生していることを受け、サステナブルな地域観光の実現に向け、2022年4月にNTT西日本グループにて提供を開始した「観光流通プラットフォーム※1」を中心に、地域への観光誘客やストレスフリーな観光の実現、観光DX等に取り組んでいる。

 今回の取り組みは、観光事業を運営する会社を設立することにより、めざす観光地の実現に向けたサービスの共創フィールドとするとともに、地元企業・住民と協働で地域独自の課題探索・解決に取り組む、新たな挑戦となる。

※1 観光流通プラットフォーム:
NTTビジネスソリューションズが提供する観光事業者向けサービス。施設入場券等の観光商品と、多数のオンライン販売チャネルを接続するもの。 https://www.nttbizsol.jp/service/tourism/



歴史的・文化的観光資源ある三国湊の魅力を世界に伝える
 

慶応元(1865)年に描かれた越前三国湊風景之図。こちらからも当時の賑わいを知ることができる。
慶応元(1865)年に描かれた越前三国湊風景之図。こちらからも当時の賑わいを知ることができる。
かつてスティーブ・ジョブズが修行を望み、今では世界トップ企業のCEOたちが訪問を希望するという永平寺
かつてスティーブ・ジョブズが修行を望み、今では世界トップ企業のCEOたちが訪問を希望するという永平寺

 福井県坂井市三国湊エリアは、江戸時代から明治時代にかけて活躍した「北前船」の寄港地として栄え、歴史的・文化的観光資源が多数存在し、世界的にも有名な東尋坊や永平寺を周遊できる環境、また「食の國ふくい」として、毎年皇室に献上される越前がにや甘エビなどの新鮮な海の幸など、観光客を引き寄せる魅力を有している。

 また、地元企業・住民による観光まちづくりへの熱い想いや、2024年春に予定される「北陸新幹線(金沢~敦賀間)」の開業による発展の機会、坂井市による「三国グランドビジョン」に基づいた数々の誘客向上施策など、観光による活性化にチャレンジできる環境に恵まれている。

 このような背景から、NTT西日本は、地域の歴史・文化を反映した施設等の建設・運営や町並み整備に知見を持つ企業、および福井県域における多くの事業者と関係を有する企業とともに、三国湊エリアを拠点とする新会社を設立し、観光による地域活性化に取り組むことにしたという。

 今後の展開として、Actibaseふくいは観光サービスと町並み整備を通じて、「古き良き三国湊」の価値を高め、国内外へその情報を発信することで観光客誘致とエリア内消費の促進図り、また、地域・企業・自治体等のメンバーと連携し、受入環境整備における多様な課題に対応しながら、地域生活に配慮したまちづくりに取り組んでいくとしている。



■株式会社Actibaseふくいの概要

共同設立者コメント ※以下リリースより引用
●NTTアーバンソリューションズ株式会社 代表取締役社長 社長執行役員 辻上 広志
 NTTアーバンソリューションズグループは、「あなたと、まちと、みらいをつなぐ。」をスローガンに、地域社会の持続的成長と社会的課題の解決を両立させる街づくりを展開しております。本事業においては、「三国湊エリアにおける観光人口の増加と地域経済の好循環拡大」の実現に向け、当グループが培ってきた宿泊・料飲事業やエリアマネジメントのノウハウを最大限に活用し、滞在の量・質の向上やエリア内外の回遊性向上等、地域の発展に寄与する個性豊かで活力ある街づくりをサポートしてまいります。
 
●株式会社熊谷組 代表取締役社長 執行役員社長 櫻野 泰則
 125年前、福井の地で創業し、以来、戦災や震災復興を含め、福井の発展に関わらせていただいた熊谷組は、この度の北陸新幹線の敦賀までの延伸を契機としたNTT西日本様による観光を起点とした福井県坂井市三国湊エリア地域活性化事業の取り組みに強く賛同し、NTT西日本様をはじめとする関係会社様とともに設立する新会社への参画、町並み整備を通じた古き良き三国湊エリアの魅力向上に貢献致します。また、事業開始時の町並み整備にとどまらず、新会社、関係各社様、地元関係者様との協力を通じ、永きにわたり三国湊エリアさらには福井県全域の活性化に継続して貢献していく所存です。
 
●住友林業株式会社 代表取締役 執行役員社長  光吉  敏郎
 住友林業グループは、2022年2月に地球環境、人々の暮らしや社会、市場や経済活動に価値を提供し、地球が快適な住まいとして受け継がれていくことをめざす長期ビジョン「Mission TREEING 2030」を発表しました。持続可能な社会の実現に向けて「森」と「木」の価値を高め、未来へ活かしていきます。
 本事業において、地産地消に繋がる福井県産材を活用し、町家や町並みの特長を残しながら三国湊の伝統的な町家を宿泊施設として磨き上げ、国内外へ三国湊の魅力を発信していきます。また旧家耐震改修技術の知見を活かし、安全・快適な宿泊施設へ改修し、未来へ受け継がれていくことをめざします。
 NTT西日本様はじめ、パートナーや関係者との継続的な連携を通じて、地域の課題解決、地域経済の活性化に寄与していきます。
 
●株式会社福井銀行 代表執行役頭取 長谷川 英一
 福井銀行は、1つの金融グループ「Fプロジェクト(福井銀行グループと福邦銀行グループの総称)」として、お客さまや地域の様々な“チャレンジ”に伴走し、地域内で生み出された価値が循環し続ける未来の実現をめざしています。新事業への“チャレンジ”として当行が今年度設立した「ふくいヒトモノデザイン」では、「地域とともに人と物の流れをデザインし価値を創造する」ことを使命として、これまで培ってきた地域のネットワークを活用し、観光事業および物販事業の検討を進めています。地域の方々やパートナーのみなさまと手を携え、三国湊エリアさらに福井県全域の地域経済の活性化に貢献していきたいと考えています。
 
●福井信用金庫 理事長 岡本 一夫
 当地が誇る『食』の秀逸さと、古き時代から繋がる歴史をコラボすることで生まれる充実感は、此の三国だからこそ味わえる至宝かもしれません。令和6年開通の北陸新幹線に伴う三国へのロードは、福井県全体が点から強い線となり、地域経済の成長を後押しする大きなチャンスへと夢が膨らみます。この地に共生する福井信用金庫も、魅力ある観光まちづくりに向け、町並みに溶け込む店舗づくりをめざしています。三国湊が県観光の核となり、地域経済の活性化につながるよう、『ともに未来へ』のスローガンで取り組んでまいります。
 
●セーレン株式会社 代表取締役会長 最高経営責任者 川田 達男
 この度セーレンは、新会社「Actibaseふくい」の出資企業として、NTT西日本様はじめパートナー企業の皆様とともに「三国湊を拠点とした地域まちづくり事業」に参画させていただくことになりました。
 これからの地域社会、企業の双方が持続可能となるためには、お互いの価値を高め合う新たな取り組みが必要となります。伝統ある「三国湊」という財産を、現在そして未来に生きる我々にとって魅力的な場とすべく、当社の持つ技術力、人材力を地域まちづくり事業に活かしてまいります。
 セーレンのカンパニー・スローガンは「夢で世界を変えていく」です。本日スタートする新しい「夢」を、皆様と力を合わせ実現していきましょう!
 
●株式会社福井新聞社 代表取締役社長 吉田 真士
 私ども福井新聞社は明治32年の創刊以来、124年間にわたり新聞発行業を基軸に地域とともに歩んで参りました。特に近年は福井県内の活性化を進める“地域力創造企業”として、県内各所の魅力発信や価値向上を支援する取り組みを進めております。
 三国地区は古くから交易が盛んな町で、歴史と文化が息づくこの素晴らしい街の魅力と成長を、私どもが持ち得る発信リソースを最大限駆使し、広く情報を配信していければと考えます。
 「Actibaseふくい」が今後展開する事業は正に地域力創造の最先端であり、国内外から耳目を集めることは明白であります。弊社といたしましても三国を核に県内観光の起爆剤となるよう、微力ながら尽力いたします。
 
●福井放送株式会社 代表取締役社長  池内 昭彦
 創立70周年を迎えたFBCは、歴史ある湊町、三国の今昔を見つめ続け、それぞれの時代の風景を記録に残してきました。かつて北前船が行き交い、その繁栄の名残を今に残す、数多くの町屋や町並み。こうした歴史遺産に新しい息吹を与え、ホテルやレストランとして生まれ変わらせるこの事業は、三国の町の活性化に寄与し、衆目を集めることでしょう。FBCは新しく生まれ変わる三国の町の魅力をこれからも世界に発信し、応援し続けて参ります。
 
●フクビ化学工業株式会社 代表取締役社長 社長執行役員 八木 誠一郎
 フクビ化学工業は、「地域社会に貢献し環境共生型社会形成に寄与する」という企業理念のもと、本事業を通じて当社が培った技術を生かして、人が集い、環境と共生するまちづくりに貢献してまいります。地域の方々ならびに出資各社様とも連携して、歴史ある三国港町エリアが未来へ受け継がれるよう、更なる魅力向上や交流人口の創出に微力を尽くす所存です。
 
●北陸電力株式会社 代表取締役社長 社長執行役員 松田 光司
 北陸電力グループは創立以来、「北陸地域との共存共栄」を経営の根幹に据え、地域とともに発展してきました。
 この度の「Actibaseふくい」への参画では、水力発電100%のカーボンフリー電気の町家ホテルへの提供や当社グループが培ってきた技術やインフラを活用したまちなみ整備など、歴史ある三国湊エリアの魅力向上に取り組んでまいります。本事業を通じて、NTT西日本様ならびに出資各社様とともに、新たな交流人口の創出など地域の課題解決に取り組み、三国湊エリアはもとより坂井市の賑わい創出や北陸の持続的な発展に貢献してまいります。

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年05月15日号
2024年05月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 2024年日本のホテルチェーングループ一覧 後編
【TOP RUNNER】
ジャヌ東京 総支配人 田中紀子氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE