ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 全日本ホテル連盟、2023年10月客室利用率の速報値発表
ホテルデータファイル 一般社団法人全日本ホテル連盟

全日本ホテル連盟、2023年10月客室利用率の速報値発表

2023年11月14日(火)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 一般社団法人全日本ホテル連盟(本部・東京都千代田区)は11月10日、会員ホテルの2023年10月客室利用率の調査結果を発表した。回答ホテル数は225軒のうち124軒、調査結果は速報値となる。
 
 同調査によると2023年10月の全国平均は83.1%、前年同月78.6%と4.5ポイント増の結果となった。
 
 10月客室利用率の全国平均は前年を上回り、コロナ禍前の2019年時に近い水準となった。加盟ホテルからのコメントでは、引き続きインバウンド需要の取り込みを主に、関東地区および近畿地区の利用率が高まっているとのこと。
 
 特に大阪府では前年対比が21.4ポイント伸びており、阪神、オリックスのリーグダブル優勝、クライマックスシリーズから日本シリーズへの特需、ハロウィンイベントのUSJ集客が稼働を押し上げたという。また、関東地区(千葉)においても、TDR40周年、ゴルフプレー客の集客が好調とのコメントが寄せられていた。
 
 その他の地域でもスポーツイベントやコンサートなど、イベントの集客が好調であったが、中国・四国地域に関しては回答数が少なかったことが低水準の稼働の要因となった。
 


―――
文・オータパブリケイションズ 臼井 usui@ohtapub.co.jp

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年04月15日号
2024年04月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 2024年日本のホテルチェーングループ一覧〈前編〉
【TOP RUNNER】
リージェントホテル香港 マネージング・ダイレクター ミシェル…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE