ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 安東 徳子の『そのまま使える女性社員教育プログラム』【第7回】1 週間でできる教育プログラム・一日目
第7回 安東 徳子の『そのまま使える女性社員教育プログラム』【第7回】1 週間でできる教育プログラム・一日目

【第7回】1 週間でできる教育プログラム・一日目

【月刊HOTERES 2015年11月号】
2015年11月20日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 今回から、各日6 時間程度で行なえる、入社一週間研修のプログラムをご紹介していきます。
 新人教育一日目のシラバスは次の通りです。
 
1 限目経営者の講話
2 限目直属の上司の講話
3 限目入社2年目社員の現場体験談
4 限目ワークショップ
5 限目今後4 年間のキャリアデザイン
6 限目入社4年目社員の体験談
 
一日目の研修ではビジョンを見せる
 入社式ではなさっている企業は多いこととは思いますが、研修一日目冒頭にもぜひ、トップが新人に直接、企業理念を語ってください。このことで、全社共通の理念を認識でき、その後の行動がぶれなくなるためです。

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年05月15日号
2024年05月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 2024年日本のホテルチェーングループ一覧 後編
【TOP RUNNER】
ジャヌ東京 総支配人 田中紀子氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE