ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 「フォンダ メキシカーナ ニューヨーク」、銀座「GRANBELL SQUARE」に日本初上陸
毛利愼の外食エンターテインメントVol.102

「フォンダ メキシカーナ ニューヨーク」、銀座「GRANBELL SQUARE」に日本初上陸

2024年07月08日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗内観。店舗デザインにおいては、梅野氏の“NY店舗のDNAを綺麗な形で店内に散りばめてほしい”との強い希望があったという。そこでデザイナーの山際氏はNYの「FONDA」3店舗を訪れ、ロベルトシェフとも意見交換し、既存のメキシコ料理店とは一線を画すべく、シックなトーンをベースにNYならではの“スタイリッシュな活気”を感じさせるファインダイニングに仕上げた
店舗内観。店舗デザインにおいては、梅野氏の“NY店舗のDNAを綺麗な形で店内に散りばめてほしい”との強い希望があったという。そこでデザイナーの山際氏はNYの「FONDA」3店舗を訪れ、ロベルトシェフとも意見交換し、既存のメキシコ料理店とは一線を画すべく、シックなトーンをベースにNYならではの“スタイリッシュな活気”を感じさせるファインダイニングに仕上げた

作曲家、プロデューサーとして活躍し、JOE‘S SHANGHAI JAPAN㈱のCEO兼代表取締役社長でもある梅野貴典氏がこの度、またまたニューヨーカーたちからこよなく愛される名店を日本に初上陸させた。
 
銀座「GRANBELL SQUARE」にオープンしたモダンアーバンメキシカン、「フォンダ メキシカーナ ニューヨーク」だ。
 
同店は、全米で長きに渡り根強い人気を誇るメキシコ料理レストラン・「Rosa Mexicano」で5年に渡りCulinary Directorを務め、「Good Morning America」などのテレビ番組でも人気のセレブレティーシェフとして活躍するロベルト・サンティバネス氏が、ニューヨークのマンハッタンに独立開業したNYスタイルの“モダンメキシカンレストラン”だ。現在ではニューヨークに3店舗、ナッシュビルに1店舗と全米で4店舗を展開しており、ミシュランをはじめとする数々のアワードで高評価を得ている。
 
今回、同店が上陸するに至った背景には、日本に本格的なメキシコ料理店が少なく、またファストフードとしてのイメージが強いために“本来の魅力”が十分に伝わっていないと憂う、“梅野氏の思い”があったという。加えて、15年に渡るNY生活で経験したメキシコ料理の美味しさを日本に広めたい、ギャザリングの楽しさはそのままにファインダイニングでメキシコ料理を楽しめるレストランを作りたいとの思いも強かったという。そんな中、その思いに呼応するように出会ったのがNYの「FONDA」だったそうだ。
 

「フォンダ メキシカーナ ニューヨーク」オーナーの梅野貴典氏(画像左)と、「FONDA」オーナー兼Culinary Directorのロベルト・サンティバネス氏(画像右)。東京店オープンにあたり、サンティバネス氏が来日。オープニングレセプションなどの滞在期間、フレンドリーな人柄で東京のグルマンたちを魅了した
「フォンダ メキシカーナ ニューヨーク」オーナーの梅野貴典氏(画像左)と、「FONDA」オーナー兼Culinary Directorのロベルト・サンティバネス氏(画像右)。東京店オープンにあたり、サンティバネス氏が来日。オープニングレセプションなどの滞在期間、フレンドリーな人柄で東京のグルマンたちを魅了した

“メキシコ料理はとても洗練された、世界一の料理!”と明言するサンティバネス氏。東京店開業においては1年の準備期間を設けた上にテストキッチンを3か月間借り、梅野氏と共に塩味を日本人の舌にあう調整をしたり、ポーションを本国よりも少なくする、本店にはないコースを作るなど、日本人向けにカスタムしつつ、“伝統的な調理法によるメキシコ料理”の提供を模索してきた。今回、日本人にとって馴染みのないメニューも多くオンメニューしているが、日々店舗で手焼するタコスや特性スパイスの刺激が新鮮なワカモレなど、認知度の高いメニューも新たなメキシカンテイストとの出会いになる味わいで提供されている。ドリンクメニューにも力が入っており、ハイビスカスティをベースにした同店のシグネチャーカクテルである“フローズンロザリータ”をはじめ、オリジナルカクテルにテキーラ、アメリカとメキシコ産のワインなど全80種類をラインナップした。中でも40種類を用意したテキーラは、テキーラ・マエストロがお客さまの好みに合わせた一杯を提案してくれる。
 
店舗デザインは、「Dusit Thani – デュシ タニ 京都」や恵比寿の「ピータールーガー ステーキハウス」や「ローリーズ・ザ・プライムリブ」の店舗デザインを手掛けた山際純平氏によるもの。店内は梅野氏がNYをイメージしてリミックスした音楽が流れ、フレンドリーでありながら特別感や非日常感を感じながら食事を楽しめる空間になっている。
 
同店には多くの日本人にとって初めての味わいの料理も多い。それらが日本人にどのように受け入れられていくのか? これからがとても楽しみだ。
 
フォンダ メキシカーナ ニューヨーク
https://www.fonda-mexicana.com/

“ワカモレ FONDA スタイル”。恐らく日本人にもっとも馴染みのあるメキシコ料理のひとつだが、特製スパイスのアレンジが描き出す味は新たなワカモレの魅力と出会えること請け合いだ
“ワカモレ FONDA スタイル”。恐らく日本人にもっとも馴染みのあるメキシコ料理のひとつだが、特製スパイスのアレンジが描き出す味は新たなワカモレの魅力と出会えること請け合いだ
“黒舞茸とトリュフのケサディージャ”。南メキシコで主に食されているコーントルティーヤで味わう一品。黒舞茸とケサ(※チーズ)の旨味にトリュフオイルが香るシンプルなメニューだ
“黒舞茸とトリュフのケサディージャ”。南メキシコで主に食されているコーントルティーヤで味わう一品。黒舞茸とケサ(※チーズ)の旨味にトリュフオイルが香るシンプルなメニューだ
国産牛のシチュー“ビリア”。国産牛が使われたメキシカンビーフシチュー。スパイスがたっぷりと使われ、ライムで口をリフレッシュしながら食す
国産牛のシチュー“ビリア”。国産牛が使われたメキシカンビーフシチュー。スパイスがたっぷりと使われ、ライムで口をリフレッシュしながら食す
“USスカート(※ハラミ)のシズリングファヒータ”。共に提供される北メキシコで主に食されるフラワータコス、ハバネロベースのソースとモリタ(※唐辛子の一種)ソースの2種のソースでお客さま自身が好みの味に仕上げる
“USスカート(※ハラミ)のシズリングファヒータ”。共に提供される北メキシコで主に食されるフラワータコス、ハバネロベースのソースとモリタ(※唐辛子の一種)ソースの2種のソースでお客さま自身が好みの味に仕上げる
“メキシカンクラブケーキ 3種のサルサ”。ボトムにタルタルがしかれ、グリーンハバネロのソースとアボカドサルサと共にいただく。さまざまなクラブケーキの魅力を味わうことができる
“メキシカンクラブケーキ 3種のサルサ”。ボトムにタルタルがしかれ、グリーンハバネロのソースとアボカドサルサと共にいただく。さまざまなクラブケーキの魅力を味わうことができる
サーモンのフルーツ チレソース“マンチャマンテレス”。フルーツをチレやスパイスで煮詰めたソースをサーモンに合わせた一品。日本人にとって親和性の高い魚であるサーモンの新たな魅力に出会える
サーモンのフルーツ チレソース“マンチャマンテレス”。フルーツをチレやスパイスで煮詰めたソースをサーモンに合わせた一品。日本人にとって親和性の高い魚であるサーモンの新たな魅力に出会える
大海老のシトラスクリーム “モスキートス”。ジャンボシュリンプにライム果汁をふんだんに使ったクリームソースを纏わせた。これまで日本で展開されてきたメキシコ料理のイメージからすると、クリーム系のメキシコ料理はとても新鮮だ
大海老のシトラスクリーム “モスキートス”。ジャンボシュリンプにライム果汁をふんだんに使ったクリームソースを纏わせた。これまで日本で展開されてきたメキシコ料理のイメージからすると、クリーム系のメキシコ料理はとても新鮮だ
ディナーコースから“FONDA Medley”コース。ディナー、ランチ共にコースは日本限定で提供。同コースは前菜の盛り合わせ、クラブケーキにシズリングステーキと「フォンダ メキシカーナ ニューヨーク」のスタンダードな料理が一同に会している
ディナーコースから“FONDA Medley”コース。ディナー、ランチ共にコースは日本限定で提供。同コースは前菜の盛り合わせ、クラブケーキにシズリングステーキと「フォンダ メキシカーナ ニューヨーク」のスタンダードな料理が一同に会している

担当:毛利愼 ✉mohri@ohtapub.co.jp

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年07月15日号
2024年07月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 ホテリエの賃金実態調査 2024
【TOP RUNNER】
(株)ミリアルリゾートホテルズ 代表取締役副社長 東京ディ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE