ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 本誌 松沢良治 ニュースな話&人物クローズアップ  世界料理オリンピック ②
本誌 松沢良治 ニュースな話&人物クローズアップ 

世界料理オリンピック ②

【週刊ホテルレストラン2016年12月16日号】
2016年12月16日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 前回に続き世界料理オリンピックの話。筆者にとって国内での料理コンテストはそう珍しいことではない。しかし今回の世界料理オリンピックは驚くことばかりであった。なんと言っても規模が違う。世界から約2000 名の料理人が一堂に集まり技を競う。しかも審査の基準が厳格そのもの。味を審査するのはもちろんのこと、調理台の上に無駄なものが置いていないか、チーム間のコミュニケーションはとれているか、あるいは捨てられた材料はどれほどあるのか、など微に入り細に入りチェックされる。マイスター制度がドイツ発祥の職能訓練制度であるが、その伝統が示すような厳格な審査の在り方だと思った。 日本からの選手は13 名。内閣府認定公益社団法人全日本司厨士協会東海地方本部の会員700 名の中から選ばれた10名の選手と京滋地方本部などから選ばれた3 名の優秀な方々ばかり。会期は10月21 日から26 日までの6 日間。21 日は開会式が行なわれ、日本人の競技は22日から始まった。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年11月09日号
2018年11月09日号
本体1,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 客室売上効率から見た 日本のベスト150ホテル
【トップインタビュー 】
㈱ラスイート 代表取締役社長 関 寛之 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE