ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 今村慎太郎  本当のアレルギー対応を識る ――意外にも不完全な現状に喝! 第19 回 知識経験なし、アレルギー対応ケーキへの挑戦
第19 回 今村慎太郎  本当のアレルギー対応を識る ――意外にも不完全な現状に喝! 

第19 回 知識経験なし、アレルギー対応ケーキへの挑戦

【週刊ホテルレストラン2017年01月20日号】
2017年01月20日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 
2015 年12 月より実施された、アレルギー疾患対策への指針策定を国に義務づける「アレルギー疾患対策基本法」。それにより、フードビジネスに携わる企業はもちろん、国民もまたアレルギー疾患に関する正しい知識を備え、注意を払うことを努めなければならない。そこで、現時点の当事者だけでなく、改めて識るべき「アレルギー対応」について発信する。

NPO 法人アレルギーっこパパの会
理事長
今村慎太郎
Shintaro Imamura
〈Profile〉娘の食物アレルギーをきっかけに、アレルギー対応力が高い企業が食物アレルギーのない人たちから選ばれる社会を目指し、2013 年NPO 法人アレルギーっこパパの会を設立。研修・講演、メニュー開発やコンサルティング、アレルギー対応のためのコミュニケーションWEBサービス「アレコミュ」で、ホテルや飲食店など外食企業のアレルギー対応支援を行なっている。NPO 法人アレルギーっこパパの会 http://www.arepapa.jp/
 

 
 千葉県柏市の閑静な住宅街でアレルギー対応ケーキに挑戦し続けている“お菓子な工房もえぎ”の安達康平氏。子どもの食物アレルギーをきっかけにアレルギー対応食品に取り組むケースはありますが、安達氏は、自身が大豆アレルギーでありながら、大豆を使用したアレルギー対応ケーキを作っています。洋菓子の経験が全くない状況からスタートし、最近では自治体や企業と連携し、食物アレルギーの有無に関係なく楽しめるお菓子を学童施設の子どもたち全員に提供するという取り組みも行なっています。洋菓子の経験もなく、自身が大豆アレルギーでありながらも大豆製品を使用したアレルギー対応ケーキに挑戦し続けるのはなぜか、今回は小さなお店で孤軍奮闘する“お菓子な工房もえぎ”代表の安達氏へのインタビューをお届けします。
 

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年07月20日号
2018年07月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPに沿った衛生管理体制を
【トップインタビュー】
㈱相鉄ホテルマネジメント 代表取締役社長 吉田 修 氏

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE